投資の基礎知識

NISAのメリットとデメリットとは?投資初心者が押さえておきたい基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年から始まったNISAですが、2016年からはさらに非課税枠が拡大されました。投資をするならNISAを活用しない手はないと言えるでしょう。

今回はそんなNISAのメリットとデメリットについて徹底解説したいと思います。

NISAの概要


まずはNISAの制度の概要から解説していきたいと思います。

NISAとは

NISA(ニーサ)とは「少額投資非課税制度」のことです。銀行預金や貯金を投資に回してもらうことを目的に2014年から始まり、年間120万円までの投資に対する利益が非課税となります。

NISAはイギリスのISA(アイサ)という個人貯蓄口座を参考に作られ、日本のNを加え日本版ISAという意味合いから「NISA」と呼ばれています。

年間120万円までの投資の利益が非課税となる

NISAでは、年間120万円までの投資に対する利益が非課税となります。

120万円の投資商品なら、その売買益(キャピタルゲイン)や、配当金・分配金などの利益(インカムゲイン)が全て非課税となります。

極端な話、売買益で1億円稼いでも、税金は1円も取られないのです。

また、年間120万円までの非課税枠はその年が終わるとクローズされ、次の年になるとまた120万円の非課税枠が利用できるようになります。

120万円の非課税枠が余っても翌年に持ち越すことはできませんので、注意しましょう。

その年に投資した120万円までの資金に対する税金は、5年間非課税となります。

このように、1年ごとに120万円、5年間で合計600万円までの非課税枠を利用することができます。

NISAの投資対象

NISAの対象は幅広く、株式やETF、投資信託やREITなどが対象となります。

ただし、預貯金や債券、公社債投資信託、MMF 、MRFなどは対象外となりますので、注意が必要です。

NISAの対象者

NISAの対象者は、日本に在住する20歳以上の人全員です。

20歳未満の人でもジュニアNISAという制度を利用することができます。途中で年齢が20歳に達しても、NISA口座に移行することができるので安心です。

大幅な節税が期待できる

このNISAを活用することができれば、大幅に節税することができます。

通常の投資を行うと、その利益に対して「20.315%」の税金がかかります。つまり、利益の2割が税金として持っていかれるのです。

例えば、投資で100万円儲けた場合、およそ20万ほどの税金が引かれることになるのです。これはかなりの金額ですよね。

NISAを利用することで、この税金をまるまる支払わないで済むのです。

 

NISAの注意点


NISAはたしかに優れた制度ではありますが、注意点がいくつかあります。

短期投資には向いていない

NISAでは売却した分の金額を再利用することができないため、短期間で何度も売買していると、すぐに非課税枠の上限に達してしまいます。

そのため、デイトレードなどの短期投資には向いていません。

非課税枠を有効に使うためにも、5年間は投資したままにできる投資対象を選ぶことが大切です。

損益通算ができない

NISAでは「利益」のことがよく取り上げられますが、損失を出した時こそ重要なのです。

通常の口座の場合には、損失が出ても他の口座の利益と相殺することができます(損益通算)。

しかしNISAの場合には、NISA口座で赤字が出ていても、他の口座の利益に対する税金を納める必要があります。そういう意味では、損失が出た時に使い勝手が悪い制度といえます。

損失を繰り越すことができない

通常の口座の場合、確定申告をすることでその年の損失を3年間繰り越して、税金の控除を受けることができます。

しかし、NISAでは損失を繰り越すことができません。

そのため、NISA口座と別の口座を併用しようと考えている人は、注意が必要です。

特定口座内のものをNISA口座には移せない

せっかくNISAを開設しても、特定口座にある株式などをNISA口座に移行することはできません。

NISA口座でで買い付けた銘柄のみが対象となるのです。

もしも特定口座からNISA口座に銘柄を移したい場合には、一度特定口座の株式等を売却し、NISA口座で買い戻す必要があります。

反対に、NISA口座から特定口座へ移行することはできます。

口座は一つまでしか持てない

NISA口座の開設は、1人につき1つまでです。

そのため、どの金融機関で口座を開設するかが大切となってきます。

手数料やサービスを比較してから口座を開設するようにしましょう。

口座開設までに時間がかかる

通常の口座であれば一週間ほどで開設できますが、NISA口座では3週間ほどかかります。

口座は早めに開設するようにしましょう。

 

NISAでオススメな投資戦略


ここまでNISAの基本ついて説明してきました。ここからは、実際にどのような戦略で投資を始めればいいか解説していきます。

配当金狙いでいく

NISAを最大限に活用するためには、とにかく配当金狙いで株式に投資するといいでしょう。

配当金狙いなら、5年間非課税で配当金を受け取ることができます。

売却益狙い

値上がりしそうな銘柄を選定し投資できれば、売却益で大きく利益を上げることができます。ただし、リターンが大きいということはリスクも高いということです。

複数の銘柄に分散投資し、リスクを分散するようにしましょう。

 

まとめ


NISAは非常にメリットが大きい制度に思えますが、損失が出た時にはデメリットが大きいでしょう。

NISAのメリット・デメリットをしっかりと理解し、堅実に投資を行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 老後資金の必要額は?若いうちから老後資金を貯め始めましょう!
  2. 知っておきたい!外貨預金のメリット・デメリット
  3. 新しいことを始める際には、必ず「摩擦」が起きるものです
  4. 【不労所得の作り方】マンション経営で家賃収入を得よう!
  5. あなたは大丈夫?有事のリスクに備えよう。金投資のメリット・デメリット

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    お金を増やす方法〜ギャンブルではなく堅実にお金を増やしましょう

    「この先何年働いても、お金に苦労し続けるしかないんだ」と考えているあな…

  2. 投資の基礎知識

    優良物件選びの基準!最高の収益物件の見つけ方

    不動産投資で大事なのが、どんな物件を購入するかです。買った物件…

  3. 投資の基礎知識

    投資信託で気を付けたいこと。売り方と買い方の大鉄則。

    さて、いざ投資信託を始めようと思っても、実際にどのように購入すればいい…

  4. 投資の基礎知識

    ETF(上場投資信託)は積み立て型がおすすめ。積立投資VSリレー投資

    ETFは保有コストが安く投資先として非常に魅力的ですが、一番のデメリッ…

  5. 最新投資ニュース

    仮想通貨は雑所得!ビットコインにも税金対策が必要に

    仮想通貨には消費税がかからない!最近、仮想通貨の認知度が徐…

  6. 投資の基礎知識

    高利回りが魅力のハイイールド債の真のリスクとは?

    あなたはハイイールド債というものをご存知でしょうか??ハイイー…

最新の記事

最近の記事

  1. あなたも海外投資家になろう!海外投資の始め方とは?
  2. 自分の価値を高める
  3. 株の空売りとは?株価下落時でも利益を得られる魔法の方法
  1. 投資の基礎知識

    【コインチェック】口座開設と登録方法、二段階認証の設定方法を解説
  2. 投資の基礎知識

    Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録方法と使い方
  3. 投資の基礎知識

    【bitFlyer】ビットフライヤーへの登録方法と二段階認証の設定方法
  4. 投資の基礎知識

    仮想通貨の種類と特徴〜マイニング方法、チャートの見方、税金対策とは
  5. 投資の基礎知識

    コインチェックの手数料は高い!クレジットカードなど手数料には注意
PAGE TOP