投資の基礎知識

知っておきたいETFの仕組み!上場投資信託のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETFという言葉をあなたはご存知でしょうか?

おそらく投資を行っている人や、投資の勉強をしている人しかETFという言葉を知らないと思います。

今回はそんなETFについて、その仕組みとメリット・デメリットを解説したいと思います。

ETFの仕組み


まずはETFの基本的な仕組みについて、ご紹介します。

ETFとは何か?

ETFは「Exchange Traded Fund」の略で、日本語に直すと「上場投資信託」と呼ばれます。

ETFとは、TOPIXや日経平均株価、その他の海外株式指数に連動するように運用された投資信託のことをいいます。

テレビや新聞でよく見かける指数をもとに運用していますので、自分の投資した銘柄の値動きを把握しやすいといえます。

ETFの仕組み

ETFは証券取引所に上場している投資信託です。

投資信託とは、投資家から資金を集め、それをファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロに代わりに運用していただき、利益が出たら投資家に還元される金融商品のことです。

投資家側としては運用を投資の専門家に任せることができますので、非常に手離れがいい投資といえます。

そして、ETFは証券取引所に上場しているため、株と同じようにリアルタイムで価格が変動し、相場の動きに応じた価格で取引することができます。

一方、通常の投資信託では一日に一回算出される基準価額を元に取引が行われますので、リアルタイムで取引することはできません。

 

ETFの特徴


ETFには様々な特徴があります。具体的に見ていきましょう。

手数料が割安

投資信託の場合には「信託報酬」という手数料がかかります。この信託報酬は利回りを低下させる要因となっています。

しかし、ETFの場合にはこの信託報酬が非常に割安となっています。信託報酬が0.1%を切るETFも存在するほどです。

これだけ信託報酬が低ければ、長期投資した際に、大きな複利の効果を期待できます。

値動きが把握しやすい

ETFはTOPIXや日経平均株価といった指数に連動するように運用されています。

TOPIXや日経平均株価といった指数は、テレビや新聞などの身近な所から情報を得られますので、値動きが把握しやすいといえます。

リアルタイムで取引できる

ETFは証券取引所の取引時間内であれば、いつでも取引可能です。また、株と同じように成行注文や指値注文も行えますので、自分の好きな価格で取引することができます。

通常の投資信託の場合、基準価額は一日に一回しか公表されません。また、売買の注文を入れた時点では、取引が成立する基準価額が分からなくなっています。

場合によっては、自分の予想とかけ離れた基準価額で投資信託の取引が成立することもあります。

分散投資しやすい

株式投資の場合には、自分で複数の銘柄を選定し、分散投資をする必要があります。複数の銘柄に投資するということは、それだけ多くの資金が必要になります。

一方、ETFは投資信託の一種ですので、一つのETFに投資するだけで、複数の銘柄に分散投資しているのと同じ効果を期待できます。ETFを一つだけ購入すれば、それで事足りるのです

市場規模が拡大し続けている

ETFの市場はまだまだ成長段階ではありますが、それでも最初に誕生してからETFの設定本数が増えてきました。今後さらに市場規模が拡大することが期待されます。

 

ETFのデメリット


ここまでメリットを中心に解説してきましたが、やはりデメリットもあります。

購入資金が多めに必要

投資信託が1,000円単位などの少額から購入できるのに対し、ETFは株式のように口数単位で購入する必要があります。

そのため、ETFの購入資金は10万円前後を見ておく必要があります。

また、ETFには購入手数料がかかりますので、あまり少ない口数で購入してしまうと、手数料の方が割高となってしまいます。そういう意味でも、ある程度まとまった資金で購入することが大切です

再投資できない

ETFに投資することで得られた分配金は税引き後の金額で払い出されるため、自動的に再投資することができません。

もしも再投資したいのなら、得られた分配金を使ってETFを追加購入する必要があります。

ただし、購入の都度、購入手数料がかかりますので、ある程度自己資金を入れて、まとまった金額で購入する必要があります。

購入の際に手間がかかる

ETFは、通常の投資信託のように自動で積立投資できませんので、毎回自分で注文を入れる必要があります。

大きなリターンは狙いにくい

ETFは基本的にインデックス運用ですので、大きなリターンを狙うことはできません。長期的に投資を積み上げていく投資スタイルです。

 

リレー投資


ETFにはある程度まとまった購入資金が必要ですが、効率的な投資方法としてリレー投資があります。

リレー投資の力

リレー投資とは、運用資金が大きくなるまでは通常の投資信託で積立投資を行い、ある程度運用額が大きくなったら投資信託を解約し、まとめてETFに乗り換える投資方法です。

資金を貯めている間にもリターンを期待できますし、ある程度資金がまとまってからETFを購入しますので、購入手数料も安くすみます。

ETFを購入したいけどまとまった資金がない人は、是非リレー投資を試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ


ETFは信託報酬が安く、長期投資に向いている投資といえます。

ただし、どうしても購入金額が高くなってしまいますので、ある程度資金が貯まってから投資する必要があります。

ぜひあなたもETFに挑戦してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ワラント債とは?債券の特徴から徹底解説します!
  2. ワンルームマンション投資とは?最近人気の不動産投資の基礎知識
  3. 公募株式投資信託とは?国内株式型投信の仕組みと選び方
  4. 一般口座と特定口座とは – その仕組みとメリット・デメリットの解説
  5. 知っておきたい!FXで恐れられる強制ロスカット

関連記事

  1. 最新投資ニュース

    ドバイ政府の仮想通貨の最新情報。ブロックチェーンを使った新通貨とは

    ドバイ政府が仮想通貨emCashの発行を計画ドバイ政府は、独自のブ…

  2. 投資の基礎知識

    ライフサイクルファンドの基礎知識

    投資信託を探していると、「ライフサイクルファンド」というものを見かける…

  3. 投資の基礎知識

    人気のソーシャルレンディングに潜むリスクと問題点とは?

    新しい投資として最近注目されているのが「ソーシャルレンディング」です。…

  4. 最新投資ニュース

    ロシアの銀行が仮想通貨の発行を計画 – 仮想通貨最新ニュース

    ロシアの銀行Tinkoffが仮想通貨発行を計画ロシアの銀行Tink…

  5. 投資の基礎知識

    知らないと損する一人暮らしの部屋探しのコツ!最高の物件を見つけよう!

    物件探しをする際には、いかに安くて満足の行く物件を探すかが重要ですよね…

  6. 投資の基礎知識

    株主優待とは??お得でオススメな株主優待で投資を始めよう!

    最近、株主優待が人気のようです。株を持っているだけで優待商品や…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. これだけは知っておきたい!ミニ株投資の魅力とデメリット
  2. 毎日ベストコンディションで過ごせたらいいですね!
  3. サラリーマンに将来はない!正しい努力をすることが大切
  4. 外貨建てMMFとは??その仕組みとメリット・デメリットのまと…
  5. 金投資のメリット・デメリット!純金積立で賢く投資を始めましょ…
  1. 投資の基礎知識

    ふるさと納税の仕組みと控除を受けるための方法
  2. 投資の基礎知識

    老後資金の必要額は?若いうちから老後資金を貯め始めましょう!
  3. 投資の基礎知識

    債券投資の入門!投資初心者が知っておきたい債券の基礎知識
  4. ブログ

    自己と他者の受容のバランスが大事
  5. 投資の基礎知識

    空室対策!アパートやマンションの空室率を改善するための方法
PAGE TOP