投資の基礎知識

外国為替証拠金取引(FX)の基本はドルと円!FXのメリットとデメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国為替証拠金取引(FX)といったら、一時期、相当流行しましたね。今でもサラリーマンの間で副業として人気があるようです。

今回はそんなFXについて、メリットとデメリットに焦点を絞って解説したいと思います。

外国為替証拠金取引(FX)の基礎知識


まずはメリット・デメリットの解説に入る前に、FXの基礎知識から確認していきましょう!

FXとは

FXとは「Foreign eXchange」の略で、日本語に直すと「外国為替証拠金取引」といいます。

FXでは、2つの異なる通貨を取引して利益を得ます。日本円や米ドルなどの通貨を両替し、為替レートの変動によって利益を狙っていくのです。

FXで利益が上がる仕組み

例えば、「1ドル=100円」の時に100円を1ドルに換金したとします。その後、「1ドル=110円」になった時に1ドルを円に換金すれば、110円になります。この一連の取引を通じ、10円の利益を上げることができました。

このように、為替レートの変動を利用することで、利益を得ることができるのです。

 

FXのメリットとは?


FXには多くのメリットがあります。こちらで具体的に解説していきたいと思います。

小額の資金で大きな取引ができる

FXでは、証拠金を預けることによって自己資金よりも大きな金額の取引を行うことができます。これをレバレッジといいます。FXの一番の魅力は、このレバレッジといっても過言ではないでしょう。

レバレッジを効かせることで、より高いリターン狙うことができます。その一方で、損失が出た場合には損失がさらに拡大するので注意が必要です。

自分の力量に合わせた、適切なレバレッジを効かせることが大切です。

円高・円安時どちらでも利益が見込める

FXの取引を始めるにあたり、その通貨を所持していなくても、「売る」ことから取引を始めることができます。当然その通貨を「買う」ことも可能です。

つまり、FXにおいては、円高になろうが円安になろうが、市場の動きを予想し的中させることができれば、どんな局面でも利益を得ることができるのです。

24時間取引ができる

FXでは、平日24時間いつでも取引することが可能です。

株式投資の場合には、証券取引所が開いている平日の日中の時間しか取引ができませんので、FXの方が取引がしやすいといえます。

その理由は、為替市場は世界中にあり、常にどこかの国の為替市場が開いているからです。

日中は仕事があるサラリーマンでも、帰宅してからいつでも取引ができますので、副業として始めやすいといえます。

スワップポイントがもらえる

FXでは、それぞれの国の通貨に金利が設定されています。2つの通貨の金利差のことをスワップポイントと呼び、毎日そのスワップポイントを収入として得ることができます。

例えば、低金利の日本円を売り、高金利の豪ドルを買ったとします。この場合、豪ドルと日本円の金利差がスワップポイントとして毎日もらえることになります。

ただし、高金利通貨を売って低金利通貨を買った場合、逆にその金利差を支払う必要が出てきます。

手数料が外貨預金よりも圧倒的に安い

FXの手数料は、外貨預金の手数料と比べて圧倒的に安いです。10倍以上手数料が違うこともあります。

FXを始める理由の一つに、「外貨預金と比べて手数料が安い」という話を聞きますが、まさにその通りなのです。

自動売買もできる

FXでは基本的に自分で売買の注文を出しますが、最近では1度自動売買の設定をすれば、あとは自動で取引してくれるサービスもあります。

自動売買をすることで、常に為替レートを見ている必要がなくなり、自由な時間が増えるというメリットがあります。ただし、相場に応じて自動で注文を入れるだけの資金的余裕が必要ですので、30万円前後の資金は欲しいところです。

 

FXのデメリットとは??


FXでよく聞く失敗が、レバレッジを効かせすぎて大きな損失を抱えてしまうことです。こちらでは、そんなFXのデメリットについて解説していきます。

損失を出す可能性が高い

FXでレバレッジを効かせすぎると、それに比例して大きな損失を出すリスクも高まります。

例えば、海外で大きな事件が起きたりすると、為替レートが急激に変化することがあります。こうなると、たった一日で大きな損失を出してしまうこともあります。レバレッジのかけすぎには注意が必要なのです。

ただし、ロスカットという仕組みにより、損失が一定以上に膨らむのを防ぐごとができます。

いずれにしろ、レバレッジの効かせすぎには十分注意するようにしましょう。

寝ている間に損失が拡大していることもある

FXの取引は24時間行われるため、夜寝ている間に損失が出ていたということも実際にあります。

決済をせずに翌日に持ち越す場合には、こういったリスクがあることを認識しておきましょう。ある意味、仕方がないことですので、損失が出たら諦めるようにしましょう。

このリスクに対処する方法としては、ロスカットを高めに設定しておいたり、無理のない金額で運用したり、できるだけポジションは翌日に持ち越さないようにすることが挙げられます。

システム障害が起きるリスク

FXの取引は、FX業者との相対取引ですので、FX業者のシステムに障害が起きた場合には、一時的に取引ができなくなる可能性があります。

システム障害が起きると、取引したくても取引できなくなり、損失がどんどん拡大していく恐れがあります。特に通貨危機などで為替が急激に変動すると、FX業者にアクセスが集中し、システム障害が起きることがあるようです。

信頼できるFX業者を選ぶことが重要になってきます。

FX業者が倒産するリスク

FX業者が倒産してしまう可能性も十分にあります。

以前はFX会社が倒産してしまうと、お金を一銭も取り返すことできませんでした。しかし、現在は証拠金を信託銀行に信託保全することが義務つけられたため、安心できます。

ただし、証拠金全額を保全してくれるのか、一部を保全してくれるのかは業者によって異なっています。FX業者を選ぶ際には、信託保全について事前に確認しておいた方がいいでしょう。

 

まとめ


以上、FXのメリットとデメリットについて解説してきました。

FXに興味を持った方は、ぜひFXの勉強を始めてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. オルタナティブ投資とはどんな投資?メリット・デメリットの解説
  2. 投資のカギを握る管理会社とは?サラリーマン大家が失敗しない管理会社の選び方
  3. 新築とVS中古!マンション投資のメリットとデメリット!
  4. 高利回りな優良物件を見つける方法とは?不動産投資の基礎
  5. 過去に嫌なことがあったら、、

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    FXのスイングトレードやデイトレード手法のわかりやすい解説

    FXと言ったら、1日中パソコンの前で取引しているデイトレードを思い浮か…

  2. 投資の基礎知識

    サブリース契約とは??サブリースのデメリットを徹底解説

    不動産投資で最も心配なのが、「空室問題」ですよね。そんな時、手っ取り早…

  3. 投資の基礎知識

    ETFのデメリットには要注意!投資信託との違いは?

    投資信託よりも手数料が安く、なおかつリアルタイムで取引できる商品に「E…

  4. 投資の基礎知識

    これからに期待!インフラファンドとは??

    最近、高利回りファンドとして「インフラファンド」というものが注目されて…

  5. 投資の基礎知識

    フルローンとは?不動産投資ローンが危険ではない3つの理由

    不動産投資をする上で必ず通る道が「融資」です。融資というのは借…

  6. 最新投資ニュース

    成行注文とはどんな注文方法?株の売買の仕組みを徹底解説

    (この記事は、過去に書かれた記事を2018年2月27日に加筆修正したも…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは? 2018年に注目の理由を解説
  2. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAはメリットばかりじゃない!4つのデメリットに注意!
  3. 投資の基礎知識

    コインチェックの入金が反映されない時の対処法!お得な入金方法とは?
  4. 投資の基礎知識

    ビットバンクの口座開設方法と二段階認証の設定方法を解説
  5. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーのチャートはライトニングが便利!正しい使い方は?
PAGE TOP