投資の基礎知識

空室対策!アパートやマンションの空室率を改善するための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資の一番の悩みの種が、空室です。空室になると家賃収入が入ってこないため、最悪の場合、ローンの返済ができなくなってしまいます。

そうならないためにも、空室を埋めるための対策を講じることが大切です。

この記事では、そんな空室対策の方法について解説していきます。

空室率を改善する方法


それでは、空室を解消するための具体的な方法について。こちらでご説明していきます。

賃貸需要のあるエリアに物件を購入する

空室を防ぐ最も確実な方法は、物件を購入する際に、賃貸需要の強いエリアを選ぶことです。

第一条件としては、大都市圏で駅近の物件を選ぶことです。やはり大都市圏であれば人口も多く、必然的に賃貸需要も強くなります。また、駅から徒歩10分以内の近さであれば、申し分ありません。

ただし、あまり駅近などで条件を絞り込みすぎると、物件選びの際の選択肢が狭まってしまいます。ターゲットとする入居者のニーズに合わせ、物件を決めることが大切です。

ただし、いくら賃貸需要が強いといっても、その需要が特定の要因に偏っている場合には注意が必要です。

例えば、大学や工場などの近くにある物件は要注意です。大学は最近都心回帰が起きており、急にキャンパスがなくなる可能性もあります。工場も、もしかしたら閉鎖になることもありますので、注意が必要です。

賃料設定を見直す

空室が埋まらない原因として考えられるのが、賃料です。周辺相場とあまりにもかけ離れた賃料になっていると、当然入居者は決まりませんよね。

賃料を見直す際には、自分の物件の周囲で、築年数が近く、同じ間取りの物件をピックアップします。そして、自分の物件の賃料が高い場合には、賃料の見直しを検討しましょう。

ただし、賃料を下げるのは最終手段と心得ましょう。賃料を下げるのは有効な手段ですが、収益性が落ちてしまいます。別の空室対策を試してみて、それでも空室が埋まらない場合に、賃料を下げてみましょう。

リフォームをする

空室を埋めるために、部屋の内装をターゲット層に合わせたものに変更するのが有効です。周辺の競合物件の内装を調査したり、リフォーム会社に相談を持ちかけ、内装を検討してみましょう。

ただし、リフォームをする際には、費用対効果を考えることが大切です。

どんなに質のいいリフォームを提案されても、費用があまりにも高額で、家賃収入で回収するのに何年もかかる場合には、工事をしない方がいいでしょう。

限られた予算の中で、最大限の効果を上げるリフォームを行うことが大切です。

管理会社を見直す

実は管理会社には、自社で入居付けもできる管理会社と、入居付けを他社に依頼している管理会社に分かれます。

入居付けができる管理会社で空室が埋まらない場合には、その会社の入居付け能力が不足していると考えられます。こういった管理会社では、他社に依頼することなく自社ネットワークで募集をかけるため、募集の間口が狭くなってしまうのです。この場合、別の管理会社を探した方がいいでしょう。

また、入居付けを他社に依頼している管理会社の場合、多くの仲介会社に物件の情報を流してくれますので、空室が埋まる可能性が高いといえます。

建物の管理を見直す

入居者が決まらないのは、もしかしたら物件の状態が悪いからかもしれません。その場合、建物の管理そのものを見直した方がいいでしょう。

建物管理には清掃業務があります。建物を綺麗な状態に保っておかないと、入居者の満足度が下がり、退去につながる可能性もあります。また、共用部が汚いと、新規入居者もなかなか決まらないでしょう。清掃は重要なポイントです。

また、築年数が経過するにつれ、建物の外観の悪さが目立つようになります。定期的に外壁塗装を施すなどして、建物の状態を常に良好な状態に保つようにしましょう。

広告を活用する

空室対策をする上で、広告を活用することも大切です。大家さんの中には広告費を抑えたい人もいるでしょうが、思い切って広告費をかけることで、効果が全然違ってくるはずです。

やはり最近ではインターネットで物件情報を検索する人が増えましたから、インターネットの広告が一番有効でしょう。管理会社がインターネットに広告を掲載しているか、一度確認してみましょう。

入居者に割安感を演出する

入居者に、他の物件と比べて割安感を抱いてもらうことも大切です。

例えば礼金をゼロにしたり、フリーレント期間を設けると良いでしょう。賃料そのものを下げると、後から上げることが難しくなりますが、一時的な収入源で済ませるサービスであれば、積極的に導入しても問題ないでしょう。

 

まとめ


多くの大家さんの悩みが、空室でしょう。

今回はそんな空室対策について、具体的に挙げさせていただきました。

どれもとても大切なことですので、あなたの物件でも是非試してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. FXのスイングトレードよりも短期!スキャルピングの仕組み!
  2. 外貨預金への投資!おすすめはどの通貨?
  3. 毎日は小さなで奇跡いっぱい!!
  4. 人生におけるPDCAサイクルを意識する
  5. 今が旬!仮想通貨とは〜仮想通貨の基本から買い方までのまとめ

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    知っておきたい!FXで恐れられる強制ロスカット

    初心者にも人気のあるFXですが、多くのFXユーザーが恐れるものにロスカ…

  2. 最新投資ニュース

    ビットコインが中国で規制へ。ビットコイン取引所が次々と閉鎖

    北京市当局がビットコインの取引停止を指示中国の報道によると…

  3. 投資の基礎知識

    区分ワンルームマンション投資の基本!収益物件への投資で知っておきたいこととは?

    不動産投資を勉強していると、区分マンション投資が初心者向けであるという…

  4. 投資の基礎知識

    収入保障保険にもデメリット??保険選びの基本と税金

    収入保障保険や終身保険など、世の中には多くの保険があり、正直どれを選べ…

  5. 投資の基礎知識

    不動産投資のフルローンとは??投資用ローンの審査基準

    不動産投資をしていて気になるのが、購入予定の物件に融資が下りるかどうか…

  6. 投資の基礎知識

    FXでは損切りが超重要!FXの基本を徹底解説

    FXと聞くと、「1億円も受けました!」とか「失敗して破産しました、、」…

最新の記事

最近の記事

  1. お金がないと生きていけない。投資で人生を変えましょう!
  2. 手軽に投信の積立!積立にはデメリットがあるのか?
  3. 信用取引を株を使って始めよう!メリットとデメリットのまとめ
  1. 投資の基礎知識

    個人向け社債がお勧めできない理由とSBI債とマネックス債の解説
  2. 投資の基礎知識

    指値注文と成行注文の使い方とは?株の売買と注文の仕組みを解説!
  3. 投資の基礎知識

    デジバイト(Digibyte)の実力はいかに?その特徴とチャートを解説
  4. 投資の基礎知識

    仮想通貨の種類と特徴〜マイニング方法、チャートの見方、税金対策とは
  5. 投資の基礎知識

    投資信託の利益確定と損切り手法を解説!最適な解約タイミングとは?
PAGE TOP