投資の基礎知識

海外ETFがオススメ!ETFに投資をしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資初心者が一番悩むことは、まずどの投資から始めるかということです。そんな時にオススメなのが「ETF」です!
ETFを使って少しずつ投資を続けていけば、老後の資金としても活用することができます。

今回はそんなETFについてご紹介したいと思います!あなたもETFで投資デビューをしてみませんか??

ETFって一体なに?


まずはETFがどういう投資なのか、具体的にご説明したいと思います。

ETFは何の略??

ETFとは、英語の「Exchange Traded Fund」の略です。日本語に直すと「上場投資信託」といい、株式と同様、証券取引所に上場している投資信託のことをいいます。ETFは日経平均株価やTOPIXなどの日本を代表する株価指数に連動するよう運用されています。

ETFには様々な種類がある

ETFには日本の株価指数だけでなく、不動産、金、商品などの指数に連動したものもあります。また、海外に目を移してみると、さらに多くのETFが海外の証券取引所に上場されています。海外ETFを始めるにあたり、国内ETFでコツをつかんでから挑戦するといいでしょう。

 

ETFが投資初心者にオススメな理由


ETFが投資信託の一種ということは分かりましたが、それではどうして、ETFが投資初心者に向いているのでしょうか?? こちらで詳しくご説明します!

少額の資金で投資可能

ETFは、比較的少額の資金で購入することができます。今では1万円以下で購入できるETFもありますから、取り組みやすいといえるでしょう。ただし、ETFでは売買手数料がかかりますから、一度に取引する金額はなるべく多くするように心がけましょう。一定取引金額以下の場合は、売買手数料が無料となる証券会社もありますので、そういったところを選ぶといいでしょう。

保有コストが安い

ETFの信託報酬を通常の投資信託と比較してみると、ETFの方が圧倒的に割安です。長期投資をする上で、信託報酬というのは投資の収益を左右する重要な要素です。信託報酬が安いETFが長期投資向きと言われるのも、この信託報酬の安さが理由です。

ETFの信託報酬は、安いもので0.1%を切るものもあります。投資信託で信託報酬が安いものでも0.4%前後ですから、ETFの方がざっくり4倍も信託報酬が安いことになります。

世界中に分散投資できる

ETFはインデックス運用の投資信託の一種ですから、その仕組みからして分散投資に強い性質があります。ETFを一本購入しただけで、市場全体に分散投資したのと同じ効果を得ることができます。また、株や債券、不動産、そして投資する地域など、ETFを複数選んで投資すれば、世界中に分散投資が可能です。世界規模で分散投資できれば、リスクを減らし、高いリターンを狙っていくことができます。

ただし、現在の国内ETFは国内の指数中心のものが多く、これだけでは世界全体に分散投資することができません。国際分散投資する際には、通常の投資信託や海外ETFを組み合わせる必要があります。

投資情報や価格の値動きが確認しやすい

ETFが投資初心者にお勧めな理由が、自分がどの投資先に投資していて、それがどのような値動きをしているかが、簡単に確認できるからです。特に日経平均株価やTOPIXに連動するETFの場合、新聞やニュースで簡単に情報をキャッチできます。これならサラリーマンをしながら投資をしていても、取り組みやすいですよね。

リアルタイムで取引できる

ETFの特徴は、何と言ってもリアルタイムで価格が分かり、その価格でいつでも取引ができることです。ETFは株と投資信託を合わせたもの、と考えると分かりやすいと思います。

通常の投資信託の場合、実際の売買価格は取引時点では分かりません。売買価格は申込日、または申込日翌日以降に計算された基準価額で決まります。売買価格が事前に分からないため、自分の望まない価格で投資信託を売買してしまう恐れがあります。

一方、ETFはリアルタイムで価格が分かり、さらに株と同様に希望価格を指定する「指値注文」、そしてとりあえず注文だけ出す「成行注文」も可能です。取引の融通が利くETFは、とても使い勝手がいいといえます。

 

投資初心者が知っておきたいETFのデメリット


ETFが投資初心者向けであるとはいっても、やはりデメリットもあります。ETFのデメリットも理解し、健全な投資を進めましょう。

積み立て投資のシステムが限られている

非常に便利な仕組みである「自動積み立て」ですが、ETFではまだ一部の証券会社でしか利用することができません。また、仮に自動積み立てを利用できたとしても、購入手数料が高くつくため、少額での積み立てでは不利となります。積み立て投資にあまり向かないのが、ETFのデメリットでしょう。

売買手数料が高い証券会社もある

ETFのデメリットは、売買手数料が高くついてしまうことです。通常の投資信託なら、売買手数料が無料のノーロード型も多くありますが、ETFは基本的に売買手数料がかかります。したがって、ある程度まとまった金額でETFを購入しないと、売買手数料が高くつく可能性もあります。

ちなみにカブドットコム証券では、売買手数料が無料となる「フリーETF」のサービスが行われており、15銘柄については手数料無料で購入することができます。

最低購入単価が高い

最近、徐々に最低購入単位が引き下げられる傾向がありますが、ETFは通常の投資信託に比べ、最低購入単価が高い傾向にあります。したがって、多くの銘柄が10万円ほどからしか購入できなくなっています。

 

国内ETFと海外ETF


ETFには国内型と海外型の2種類があります。その違いについて、ご説明したいと思います。

国内ETFの基本

国内ETFは、国内の取引所に上場されているため、基本的にどの証券会社でも購入することができます。国内株式指数や債券、商品に連動するものまで多くの種類があります。ただし、海外ETFと比べると、まだまだ種類や数が少ないため、選択肢としては限られてきます。

国内ETFは特定口座で取引することができるため、税金を計算したりする作業がかからないメリットがあります。

海外ETFの基本

海外ETFをは、国内ETFはと比べると種類や数が非常に多く、投資の選択肢が広がるメリットがあります。ただし、海外ETFの取引をする際には、外貨を保有している必要があるため、両替の際に為替リスクが発生する恐れがあります。

また、海外ETFは特定口座を利用できないため、自分で確定申告する必要があります。ただし、一部証券会社では特定口座の取り扱いを始めたところもあり、今後は他の証券会社でも導入されることが期待されます。

 

まとめ


 

ETFは非常にコストが安く、投資初心者にはおすすめな投資と言えます。売買手数料がかかるため、多少大きな金額で取引する必要がありますが、それを考慮に入れても魅力ある金融商品と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. インデックスファンドは利回りが高い?インデックスファンドが投資初心者におすすめな…
  2. 戸建賃貸には需要がある?一戸建て賃貸のメリット・デメリット!
  3. サラリーマン大家が資産管理会社を設立するメリットとは
  4. 今が旬!仮想通貨とは〜仮想通貨の基本から買い方までのまとめ
  5. 新規公開株(IPO)で確実に儲ける方法

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    債券の利回りとは?債券投資の基礎知識

    今の時代、銀行の利息はうんざりするぐらい安くて、投資を検討する人も多く…

  2. 投資の基礎知識

    家が売れない理由と早く高い価格で売却する方法とは

    マンションを持っている人の中には、自分の保有するマンションを売却したい…

  3. 投資の基礎知識

    FXのスワップポイントで生活できる?FX初心者が知っておきたいこと

    FXの勉強をしたことがある人なら、スワップポイントを知っているでしょう…

  4. 最新投資ニュース

    仮想通貨の最新ニュース!ウルグアイが仮想通貨の発行を検討

    ウルグアイ中央銀行が仮想通貨の発行を検討中ウルグアイ中央銀行が、独…

  5. 投資の基礎知識

    なぜ個人向け社債はお勧めできないのか?投資時の注意点とは

    銀行預金や個人向け国債などの“安全資産”の金利は、現在低迷しています。…

  6. 投資の基礎知識

    投資信託の種類〜マイクロファイナンスファンドってなに??

    あなたは、マイクロファイナンスという言葉を聞いたことがありますか?…

最新の記事

最近の記事

  1. ファンド・オブ・ファンズとは??ファンド選びの注意点
  2. あきらめないでどんなときも進もう!
  3. 人生に疲れたら、人生の優先順位付けをしましょう!
  1. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAはメリットばかりじゃない!4つのデメリットに注意!
  2. 投資の基礎知識

    エイダコイン(ADA)は今後何倍になる?エイダコインの基本と買い方とは
  3. 投資の基礎知識

    アロハコインのホワイトペーパーが登場!マイニングや上場情報の解説
  4. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)のログインと登録方法を5ステップで解説
  5. 投資の基礎知識

    bitFlyerに入金が反映されない時の対処法!入金方法・手数料の解説
PAGE TOP