投資の基礎知識

サブリース契約とは??サブリースのデメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資で最も心配なのが、「空室問題」ですよね。そんな時、手っ取り早く空室問題に対処できるのが「サブリース」です。しかし、一見すると便利そうなサブリースですが、実は思わぬ落とし穴があります。今回はそんなサブリースについて、デメリットに焦点を当て、徹底分析してみました。

サブリースの基礎知識


まずはサブリースについて、その基本を押さえましょう!

サブリースとは

サブリースとは、別名で「一括借上げ」とも呼ばれるように、賃貸物件の一棟全部屋を、サブリース会社が毎月決められた金額で借り上げてくれる制度です。

サブリース会社は、借り上げた部屋の入居者を募集し、入居してもらい、その対価として家賃をもらいます。そして、物件オーナーに対しては、毎月一定額を支払います。

空室対策となる

サブリースを利用することで、物件オーナーは空室を心配する必要がなくなります。なぜなら、空室の有無に関わらず、毎月一定額がサブリース会社から支払われるからです。また、サブリース会社としては、入居者からの家賃収入からオーナーへの支払い額を引いたものが利益となります。

多くが新築時からの保証

ほとんどのサブリースは、新築時から10年~30年にわたって借り上げ保証することが多いです。築年数が経過した中古物件で、サブリースを受託してもらえるケースは稀なようです。また、1棟ではなく1戸単位でのサブリースとなると、さらに敬遠されることが多いです。

保証される家賃

サブリースで保証される家賃は、通常は設定家賃の80%~90%ほどです。残りはサブリース会社への手数料として差し引かれます。ただし、設定家賃は家賃相場よりも低めに設定されることが多いです。サブリース会社側も、確実に入居者が入る家賃設定にしておきたい事情があるのです。

また、サブリース契約をしていきなり家賃が入ってくることはなく、最初の2~3ヶ月間は家賃が入ってこないフリーレント期間が設定されます。

 

サブリースのメリット


サブリース契約の一番のメリットは、空室を気にしなくていいことでしょう。こちらで具体的に解説していきます。

空室や滞納の心配をしなくて済む

サブリースを利用することで、空室や滞納などの心配をする必要がありません。例えサブリース契約をしている物件に空室があっても、また入居者が家賃を滞納しても、そのリスクは全てサブリース会社が引き受けてくれます。オーナーは毎月入ってくれる借り上げ家賃を待っているだけでいいのです。

建物の維持・管理にあまり気をつかわなくて良い

サブリース会社に支払う取り分に、管理業務に関する費用も含まれているため、物件の維持・管理も全てサブリース会社に任せることができます。サブリース会社が賃貸経営に必要なことを全てやってくれますので、物件のオーナーは建物の維持・管理にそこまで気をつかう必要がありません。

入居者トラブルが起きても当事者にならない

家賃滞納や退去のトラブルが起きた際には、訴訟を起こし対処していくこともあります。しかし、入居者はサブリース会社と賃貸借契約を結んでいるため、物件オーナーが訴訟の当事者となることはありません。また、トラブルがあってもオーナーとのサブリース契約には影響がないため、オーナーの収入は家賃保証で確保されます。

確定申告が簡素化できる

サブリース契約では、物件のオーナーはサブリース会社と賃貸借契約を結ぶだけですので、物件からの収支管理が非常に簡素化できます。そのため、確定申告もしやすくなり、税務上の手間を大きく省けます。

 

サブリースのデメリットと注意点


サブリース契約で一番問題となるのが、そのデメリットです。あなたもサブリース契約のトラブルを耳にしたことがありませんか??こちらでは、サブリース契約に潜むデメリットと注意点について解説していきます。

手数料が取られる

サブリース契約をすると、本来もらえるはずの家賃収入が、目減りしてしまうデメリットがあります。ただし、これはサブリースをする上では仕方がないことでもあります。自分で賃貸経営をして空室リスクを負うか、それとも空室リスクを抑えて手数料を支払うか、どちらを取るかです。

免責期間がある

サブリースの契約次第では、新築時や退去後に免責期間が設けられることもあります。免責期間というのは、家賃保証がされない期間のことで、オーナーにとっては収入がなくなる期間です。特に、退去後の免責期間は、空室時の家賃保証というサブリースのメリットを食いつぶすことにつながりますから、完全に不利な契約といえます。

免責期間は、長くても2ヶ月ほどに、そしてできるだけ短くすることをお勧めします。

家賃保証の見直しがある

サブリースの家賃保証は、2年毎の契約更新のタイミングで、どんどん下げられていくことがあります。実は契約上にも、賃料改定が明記されています。オーナーが値下げに反対すると、サブリースを中途解約されてしまうことがあります。「20年間家賃保証」などという宣伝文句がありますが、実はその「賃料水準」については、保証されていないのです。

長期間サブリース契約を結ぶなら、家賃保証が下がる前提で収支計算をしましょう。

原状回復費用や修繕費用が請求されることもある

入居者が退去した後の原状回復費用や大規模修繕費用は、契約によってオーナーが負担することになっている場合があります。これはある意味では仕方がないことです。しかし問題は、サブリース会社の指定通りに工事をしないと、契約の更新を断られる場合があることです。その際、相場よりも高い業者を選定したり、請求を上乗せしてきて、不当に高額な工事費を請求されることもあります。サブリースの際の費用負担については要チェックです。

契約が途中で解約となることもある

長期間の家賃保証を謳っているサブリース会社が多くありますが、借り上げ家賃の減額に応じてもらえない場合や、経済情勢が変化した場合には、契約が中途解約されることもあります。

サブリース会社が破綻する可能性

サブリース会社が破綻した場合には、借り上げ家賃が支払われなかったり、入居者が退去する際の敷金の返還義務が、オーナーへ課せられることもあります。そのため、サブリース会社の経営状況を確認することは必須です。また、サブリース会社が建設会社やデベロッパーの子会社である場合、親会社が潰れた際に、連鎖倒産する可能性もあります。

サブリース契約終了後の管理で揉める

サブリース契約が終了したり、解約された場合には、入居者の情報や賃貸契約の引き継ぎがスムーズに行われないこともあります。引き継ぎがスムーズに行われないと、入居者への家賃振込先の伝達や、敷金の有無が分からず、揉めることもあります。また、建物の管理やメンテナンスがいい加減だった場合には、修繕に莫大な費用がかかる恐れがあります。

 

まとめ


サブリースは一見するとメリットばかりに思えますが、実はかなりブラックな部分もある制度なのです。サブリースを始める際には、くれぐれも注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. マンション・アパートの空室率は高い?投資用マンションの空室対策!
  2. こんなサラリーマン大家は失敗する!不動産投資のリスクのまとめ
  3. 貧乏サラリーマン生活でも貯金する方法とは?
  4. 株とは何?株の仕組みと初心者のための儲かる銘柄の選び方
  5. 知っておきたい!外貨預金のメリット・デメリット

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ご存知ですか?ビットコインの資産運用で知っておきたいこと

    高利回りで最近注目されているのがビットコイン投資です。仮想通貨のビット…

  2. 投資の基礎知識

    ラップ口座とは〜ラップ口座が全然ダメな理由

    最近、何かと「ラップ口座」という言葉を耳にすることが増えてきました。…

  3. 最新投資ニュース

    ビットコインが再びハードフォークを実施 – 相場は大荒れの予想

    11月1日にビットコインゴールド(BTG)が誕生する8月に…

  4. 投資の基礎知識

    ETNとは?ETNとETFの違いを徹底解説します!

    ETFと似たような金融商品に「ETN」があります。おそらく、ETNとい…

  5. 投資の基礎知識

    知っておきたい競売物件とは?競売物件の買い方とその流れ

    多くの不動産オーナーが、一度は競売物件に投資することを考えたことがある…

  6. 投資の基礎知識

    今が旬!民泊ビジネスのメリットと問題点とは?

    最近ニュースで「民泊」という言葉を耳にすることが多くなってきました。…

最新の記事

最近の記事

  1. しっっておきたい収入保障保険の仕組みと税金について
  2. ハワイで使えるアロハコイン。どんな仮想通貨?
  3. 色々な問題で悩んでいるあなたへ。1つのことに集中することが大…
  1. 投資の基礎知識

    個人向け社債がお勧めできない理由とSBI債とマネックス債の解説
  2. 投資の基礎知識

    コインチェックの入金・送金・出金方法、反映時間、手数料を徹底解説
  3. 投資の基礎知識

    指値注文と成行注文の使い方とは?株の売買と注文の仕組みを解説!
  4. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAとは − メリット・デメリット・贈与税の扱いのまとめ
  5. 投資の基礎知識

    Zaif(ザイフ)の登録方法と口座開設方法はこれで全て分かる!
PAGE TOP