投資の基礎知識

知っておこう!新規公開株(IPO)の基本とメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは新規公開株(IPO)をご存知でしょうか??
IPOをうまく活用できれば、時間がないサラリーマンでも株式投資の勝率を上げることができます。

新規公開株(IPO)の基本


gf01a201503282000

まずはIPOの基礎知識から確認しましょう!

IPOとは

IPOとは「Initial Public Offering 」の略で、日本語では「新規公開株」と呼ばれます。企業が株を投資家に売り出し、証券取引所に上場することを「IPO」といいます。IPOを行うことで、企業は設備投資などの資金を調達でき、事業規模を拡大することができます。

IPO投資とは

IPO投資とは、新規上場の際に投資家に配られる「株を買う権利」を手に入れ、上場する日の初値で株を売却し、利益を得る投資方法です。IP上場前にあらかじめ決められる公募価格が低く設定されるため、IPO当日に株が売りに出された際には、株価が上がりやすい傾向にあります。このように、IPO投資では上場前の株を公募価格で安く手に入れ、それを市場で高値で売ることにより、利益を得ます。

勝率が高い

過去の実績を分析すると、IPO投資では7割〜8割の確率で初値が公募価格を上回っています。つまり、7割方は勝つ見込みがあるのです。また、IPO投資では単元株あたりで100万円を超える利益を出せることもありますので、非常にメリットが大きいといえます。これだけ儲けが大きいのなら、IPO投資が人気な理由もうなづけます。

ただし、IPOはみんながみんな狙っていますので、それを手に入れるためには証券会社の抽選で当選する必要があります。しかし、この抽選がなかなか当たりません。

 

IPO株の購入方法


こちらでは、IPO株の購入方法について簡単にご説明します。

証券口座を開設する

IPOを申し込むためには、証券会社で口座を開設する必要があります。要領は銀行で口座を作るのと同じです。ネット証券では、インターネット上で簡単に口座開設できるのでオススメです。

IPOの情報を調べる

証券口座を開設したら、次にIPOの情報を調べます。各証券会社のホームページや東京証券取引所のホームページなどで確認できます。その際、IPOをする企業の業績と、IPOのスケジュールを確認しておきましょう。

IPOの抽選を受ける

自分が興味を持ったIPOの情報を見つけたら、次にIPOの抽選に申し込みます。申込みの際には、証券会社のホームページからIPOの目論見書を確認します。

申込期間が終わると、いよいよIPOの抽選日がやってきます。もしもIPOに当選したら、続けて購入の意思表示をします。もしも意思表示を忘れてしまうと、せっかくの抽選が無駄になってしまいます。要注意です。

上場日にIPO株を売却する

IPO株を無事にゲットできたら、上場日にIPO株の売却を行なって利益を確定します。ほとんどのIPO株は公募価格を上回るため、利益得られます。ただし、上場日に株を売らなくても、後日さらに株価が上昇してから売却しても問題ありません。

 

IPOの当選確率を上げる方法


IPOはなかなか当選しないといいますが、実は当選確率を上げる方法があります。その方法をこちらで具体的にご紹介したいと思います。

複数の証券口座を開設する

IPOの当選確率を上げる一番の方法は、できるだけ多くの証券会社に口座を開設し、申し込みを行うことです。

IPO株は、あらかじめ各証券会社ごとにその割り当てが決められています。ですので、一つの証券会社だけに申し込むよりも、割り当てがある全ての証券会社から申し込んだ方が、当選確率は上がるのです。そのため、あらかじめ複数の証券会社に口座を作っておけば、IPOの際にすぐに申し込みを行うことができます。

できるだけ多くの資金を準備する

IPOに参加するためには、IPO株を購入するだけの資金が必要です。資金が多ければ多いほど、より多くのIPOの抽選に同時に申し込めますので、当選確率が上がります。残念ながら落選した場合にも、申し込んだお金は戻ってきますので、安心してください。また証券会社によっては、多くの資金があるほどIPOが有利になることもありますので、できるだけ多くの資金を集めるようにしましょう。

主幹事の会社から応募する

自分が狙っているIPO株の取り扱いが、複数の証券会社で行われている場合には、全ての証券会社からIPOを申し込みのが理想的です。しかし、資金に余裕がない場合は、いくつかの証券会社に絞ってIPOの抽選に申し込まないといけないでしょう。

証券会社を絞って申し込みをする際には、主幹事の証券会社からIPOの抽選に申し込みます。主幹事の証券会社は、IPOの割り当てが多いため、それだけ当選確率が高いのです。「Yahoo!ファイナンス」などのウェブサイトで検索すると、IPOを取り扱う証券会社とその割当比率が公開されています。割当比率が一番高い証券会社から優先的に抽選を申し込むことで、当選確率を上げることができます。

家族口座を使う

IPOの当選確率を上げるには、とにかく多くの口座を開設して複数回申し込むことが大切です。その際、自分の家族に協力してもらえば口座数が一気に増えるため、当選確率を上げることができます。ただし、口座開設者自身で取引を行わないと借名取引となるため、注意が必要です。

 

公募割れするIPOの特徴


ここまでIPOのメリットをご紹介してきましたが、IPOでも公募価格を割ってしまうこともあります。こちらでは、公募割れするIPOの特徴についてご紹介します。

新規公開株数が多い

IPO銘柄に投資する場合、新規公開株数が多い銘柄は避けた方がいいでしょう。その理由は、公開株数が多いと、それだけIPO当日の売り注文が多くなり、株価が下がってしまうからです。IPOの際には目論見書をよく確認し、公開株数が極端に多い場合には購入を見送るようにしましょう。

業績が赤字である

IPO株を発行する会社の業績が赤字の場合には、公募割れする恐れがあります。そのため、購入は見送るようにしましょう。IPO株を購入する際、目論見書が証券会社から交付されますので、その会社の業績をよく確認してから購入を検討しましょう。

公募価格が仮条件の上限価格で決まらない

IPOの公募価格を決める際には、例えば1,000〜1,500円のように、投資家から仮条件の公募価格をヒアリングし、仮の価格を決定します。投資家は、この価格の範囲からIPO株の購入希望価格を申し込みますが、人気がある銘柄は、当然上限の1,500円で申し込みが行われます。

最後に、証券会社は投資家のニーズを調査して公募価格を決めます。この際、人気のない銘柄は、上限ではない価格で公募価格が決まることもあります。このように上限価格以下で公募価格が決まった銘柄は、人気がないことを意味しますから、IPO当日も株価が上がらないことが多いです。購入は見送った方がいいでしょう。

 

まとめ


以上、IPOについてご紹介させていただきました。IPOは、株の詳しい知識がなくても高い確率で儲けることができますので、投資初心者にはおすすめといえます。あなたも、IPOにぜひ挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人生でも仕事でもスピードが大事!
  2. 利付国債とは〜個人向け国債と比べたメリット・デメリットは?
  3. 株とは何?株の仕組みと初心者のための儲かる銘柄の選び方
  4. 不労所得の作り方とは?メリットたくさんの不動産投資がおすすめ!
  5. 人生設計は早いうちから!

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    注目!築古物件で不動産投資を始める際に知っておきたいこと

    不動産投資を調べていると、何億円もするマンションを買ってサラリーマンを…

  2. 投資の基礎知識

    一戸建て賃貸投資は儲かるの??戸建賃貸の メリット・デメリットのまとめ

    あなたは「戸建賃貸」というものをご存知でしょうか?戸建賃貸は、…

  3. 投資の基礎知識

    マイ ホーム特例とは?家を売却する際の不動産会社の選び方

    せっかく念願のマイホームを購入しても、やむを得ない理由で売却を余儀なく…

  4. 投資の基礎知識

    不動産投資で資産管理会社を設立するメリットとデメリット

    高齢化社会を見据え、不動産投資を始めるサラリーマンも多くなっています。…

  5. 投資の基礎知識

    個人向け国債に投資するメリット・デメリットとは?国債の基礎知識

    あなたは個人向け国債という単語をよく耳にしませんか?国債と聞く…

  6. 投資の基礎知識

    ハイイールドファンド債とは?その魅力とリスクを徹底解説

    投資信託の中には、高利回りなハイイールド債ファンドというものがあります…

最新の記事

最近の記事

  1. 自分の価値を高める
  2. 単元未満株・ミニ株・るいとうのメリットとデメリットとは?
  3. 個人向け国債とは?メリットとデメリットの解説
  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨の種類と特徴〜マイニング方法、チャートの見方、税金対策とは
  2. 投資の基礎知識

    コインチェックの入金・送金・出金方法、反映時間、手数料を徹底解説
  3. 投資の基礎知識

    Zaif(ザイフ)の登録方法と口座開設方法はこれで全て分かる!
  4. 投資の基礎知識

    コインチェックの手数料は高い!クレジットカードなど手数料には注意
  5. 投資の基礎知識

    Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録方法と使い方
PAGE TOP