投資の基礎知識

信用取引を株を使って始めよう!メリットとデメリットのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは信用取引というものをご存知でしょうか??
信用取引というのは、簡単にいうとお金や株を借りてきて投資することをいいます。

こう聞くと、リスクが怖かったり、プロじゃないから無理だと思う方もいると思います。しかし、仕組みさえ理解できれば、信用取引は株式投資の幅を広げてくれる良きパートナーとなります。

ということで、今回はそんな信用取引の仕組みと、メリット・デメリットについて解説したいと思います。

信用取引の仕組み


まずは信用取引の仕組みからしっかりと押さえましょう!

自己資金以上の取引ができる

信用取引は、証券会社から現金や株を借り、それを元手に株式を売買する取引です。信用取引を始めるには、委託保証金を証券会社に担保として差し入れ、その担保のおよそ3倍までの取引をすることができます。委託保証金は、なにも現金だけではなく、株などの有価証券でも代わりとなります。

信用買い

信用取引には、信用買いと信用売りの2種類があります。

信用買いとは、証券会社からお金を借りて、それを元に株式を購入する取引方法です。最大で手元資金の約3倍までの取引ができますのでレバレッジ効果が期待できます。ただし、信用買いをした株式は、6ヶ月以内に決済することが必要です。

信用売り

信用売りとは、証券会社から株を借りて取引することをいいます。信用売りを利用することで、自分の手元に株がなくても、代わりに借りてきた株を「売る」ことができます。借りた株は期日までに返却する必要があるため、それまでに株を買い戻します。買い戻した時の株価が、売った時の株価よりも安ければ、その差額が利益として投資家の手元に残ります。信用売りを利用することで、下げ相場でも利益を出すことができます。

 

信用取引のメリット


信用取引をすることで、多くのメリットが得られます。

手持ち資金のおよそ3倍まで取引できる

信用取引では、委託保証金を担保として差し入れることで、その担保のおよそ3倍までの取引が可能です。例えば、33万円の資金でも、最高およそ100万円までの取引が可能です。上手く利益を出すことができれば、利益が3倍となります。しかし、損失が出た場合には、損失が3倍に拡大します。

空売りによって、下落局面でも利益が得られる

通常の株式投資では、株価が安い時に株を購入し、株価が上がったら売却して利益を得ます。しかし、信用取引をすることで、「先に売却し、あとで買い戻す」ことでも利益を得ることができます。これを空売りと言います。つまり、高く売って安く買い戻すことで利益を得ることができるのです。空売りのいいところは、自分が株式を持っていなくても取引が可能なところです。

1日に何度でも取引できる

信用取引では、借りたお金や株を証券会社に返却すれば委託保証金が解放されるます。そのため、1日に何度でも取引することができます。1回限りの取引ではないというのは嬉しいところです。

 

信用取引で気をつけたいこと


信用取引をする際には、気をつけるべきことがいくつかあります。

損失が発生することがある

信用取引をする場合には、通常の株式取引以上に注意する必要があります。例えば、空売りをしている場合には、もしも思惑が外れて株価が上昇した場合、損失がどんどん拡大する恐れがあります。また、信用買いをしている場合にも、レバレッジによって損失が拡大する危険性があります。こういったリスクがあることを承知の上で信用取引にのぞみましょう。

6ヶ月以内に精算する必要がある

信用取引では、6ヶ月以内に精算することが義務付けられています。ですので、それまでに利益を確定して現金や株を用意しておかないといけません。ただし、最近では無期限信用取引という返済期限がない信用取引もあります。信用取引の際に気をつけたいのが、あくまでお金や株を借りているのですから、毎日証券会社に対して手数料を支払う必要があることです。

追証を求められることがある

追証とは、最低保証金維持率を下回った際、追加で保証金をを求められることをいいます。

信用取引では、委託保証金を担保として資金や株を借りてきます。したがって、投資した銘柄が値下がりして含み損が出た場合、この保証金の割合が証券会社の定める割合(最低証拠金維持率)を下回ることも考えられます。この際、証券会社から追加で証拠金を求められるわけです。ちなみに、追証が一度発生すると、そのあとの相場の変動によって最低保証金維持率を上回った場合でも、保証金は必要です。

実は、追証の問題はここからです。持っている資金や株を担保として追加で提供できるならいいのですが、場合によっては資金が足りないこともあるでしょう。この場合、証券会社が自動的に注文を出して決済をしてしまいます。そうすると、自分では望まない株価で強制的に決済されるため、大きな損失が確定する可能性があります。

空売り規制がある

空売りをする場合には、空売り規制というものがあり、場合によっては取引できないことがあります。今回は詳細までは触れませんが、空売り規制があることは頭に入れておきましょう。

 

信用取引にかかる費用


こちらでは、信用取引をする際にかかる費用についてご紹介します。お金や株を借りているわけですから、当然、手数料が発生します。

信用買いの場合

信用買いで証券会社から資金を借りた場合には、株式委託手数料、金利、管理費、名義書換料がかかります。金利は証券会社からお金を借りているわけですから、それに対してかかります。管理費とは、1ヶ月に1回、投資した株式1株あたりにかかる費用です。名義書換料は、権利確定日をまたいでいる場合にかかります。

信用売りの場合

信用売りでは、株式委託手数料、貸株料、管理費がかかります。貸株料は、証券会社から株を借りるために支払う費用です。

逆日歩とは

逆日歩とは、貸借される株式が不足する際に発生する費用です。信用売りでは、投資家が証券会社から株を借りて取引しますが、証券会社が保有する株には限度があります。株が不足した場合、証券会社は日本証券金融という会社から株を調達します。しかし、それでも株が不足するような場合には、その銘柄を保有している銀行などの機関投資家から株を借りて調達する必要があります。この時に、証券会社は機関投資家に対して「品貸料」を支払い、その費用を株を借りている投資家に「逆日歩」として請求するわけです。

 

まとめ


gf01a201503191700

以上、信用取引について基本的な内容をご紹介させていただきました。よく「空売り」という言葉を聞きますが、これは信用取引の一部だったのです!
株式投資に慣れてきたら、信用取引の世界にも足を踏み入れてみてはいかがでしょうか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 問題あり!サブリース契約の基本とメリット・デメリットとは?
  2. サブリース契約とは??サブリースのデメリットを徹底解説
  3. 友達の誕生日プレゼントを選ぶ「あの」感覚が大切!
  4. 将来の夢がない人は、夢を見つけることから始めましょう。
  5. 行動の基準値を倍にする。

関連記事

  1. 最新投資ニュース

    ソーシャルレンディングは危険?貸し倒れリスクと対策を一挙公開

    ソーシャルレンディングは借り手にもメリットが!最近、ソーシ…

  2. 最新投資ニュース

    仮想通貨リップル(XRP)を使った日韓海外送金をSBIが実証実験

    SBIリップルアジアが日韓の海外送金を実験SBIホールディ…

  3. 投資の基礎知識

    不労所得の作り方とは?マンション投資で家賃収入を得よう!

    あなたが不動産投資を始めたいと思うのは、不労所得を得ることが目的ではな…

  4. 投資の基礎知識

    高利回りな通貨選択型ファンドの魅力と問題点とは

    投資信託を探していると、高利回りな通貨選択型ファンドが目に止まることが…

  5. 投資の基礎知識

    新規公開株(IPO)とは?投資初心者にこそIPOがおすすめな理由

    あなたは「新規公開株」をご存知でしょうか?新規公開株は「儲かる…

  6. 投資の基礎知識

    コマーシャルペーパー(CP)とはどんな投資?個人でも投資できる?

    投資をしていると、「CP(コマーシャルペーパー)」という単語をたまに見…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    DMMビットコインの登録方法をやさしく解説
  2. 投資の基礎知識

    ビットバンクの口座開設方法と二段階認証の設定方法を解説
  3. 投資の基礎知識

    アロハコインのホワイトペーパーが登場!マイニング・上場情報を解説
  4. 投資の基礎知識

    コインチェックは二段階認証しよう!設定方法と口座開設方法の解説
  5. ブログ

    会社がつまらない。不満ばかりの現状を改善するたった一つの方法
PAGE TOP