投資の基礎知識

収入保障保険にもデメリット??保険選びの基本と税金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

収入保障保険や終身保険など、世の中には多くの保険があり、正直どれを選べばいいか悩みますよね。

そこで、今回は収入保障保険に焦点をあて、メリットとデメリットを徹底解説したいと思います。
ぜひ、あなたの保険選びの参考にしてください!

収入保障保険の基本


l201107111400

まずは収入保障保険の基礎知識から確認していきましょう!

収入保障保険とは

収入保障保険とは、死亡保障がついている定期保険の一種です。ただし、通常の生命保険では死亡保険金が一括でもらえるのに対して、収入保障保険では月額で保険金を受け取るのが基本です。また、加入期間後半になるほど受け取れる死亡保険金が減っていくのも特徴です。

どんな時に支給されるか

収入保障保険では、被保険者が死亡した場合や高度障害状態になった時に保険金が支給されます。ただし、保険会社によっては要介護状態でも支給対象となるところもあります。各生命保険会社によって保障範囲が異なっていますので、比較してみるといいでしょう。

所得補償保険との違い

収入保障保険と所得補償保険は名前がややこしいですが、中身は全く違う保険です。所得補償保険は、被保険者が病気や怪我によって通常通り働けなくなった時に支給される保険です。つまり、この保険では本人の死亡ではなく「就業可能かどうか」をもとに保険金を支払っているのです。一方の収入保障保険では、本人が働けない状態になっても、保険金が支払われるとは限りません。

 

収入保障保険のメリット


ここからは、気になる収入保障保険のメリットについて解説していきます。

保険料が安い

収入保障保険のメリットとしては、保険料が安いことが挙げられます。収入保障保険では、契約期間の経過とともに受け取れる保険金の金額が少なくなっていきますので、通常の定期保険と比べても保険料が割安となっています。

合理的な保障額を受け取れる

収入保障保険保険では、契約期間の経過とともに保険金額が減少していきます。一般的に、必要となる保障額は子供の成長とともに減少していくものです。子供が生まれたばかりの場合は、幼稚園〜小学校〜大学までの教育費用を賄うだけの保障額が必要です。しかし、子供が成長するにつれ、その教育費用は不要となっていきますので、その分だけ保障額が減るべきだといえます。そういう意味では、時間の経過とともに保険金額が減少する収入保障保険は合理的な仕組みといえます。

毎月定額を受け取れる

収入保障保険では、保険金を毎月分割して受け取ることができるメリットがあります。被保険者が亡くなって毎月の定期的な収入がなくなっても、代わりに収入保障保険の保険金を当てることができます。

健康状態によっては割安になる

収入保障保険では、例えば健康状態が良好であれば、その分保険料が割安になることもあります。特に禁煙者に対しては保険料を割り引くものが多くあります。健康な人や禁煙者には嬉しいですよね。

 

収入保障保険のデメリット


メリットばかりの収入保障保険ですが、やはりデメリットもあります。

掛け捨てである

収入保障保険には、掛け捨て保険であるというデメリットがあります。たしかに定期保険は毎月の保険料が安くなるメリットがありますが、満期を迎えたり途中解約してもお金が戻ってきません。ですので、保険料を支払いながら貯蓄もしたいという人には、貯蓄型保険の方が向いているかもしれません。

まとまったお金が受け取れない

収入保障保険は基本的に分割で保険金を受け取ります。よって、一括で保険金を受け取れないデメリットがあります。例えば、子供が入学する時などはまとまったお金が必要となるため、収入保障保険の収入だけでは賄いきれません。この場合、別途貯蓄しておくなどの策を講じておく必要があります。

契約年齢に制限がある

収入保障保険では契約年齢に上限があるというデメリットがあります。低いものでは60歳が契約上限のものもあります。一方、終身保険の場合には一生涯保障がつくため、安心といえます。

保障が得られないことも

収入保障保険の保障内容は契約者の死亡や高度障害が対象ですので、万が一のケースで被保険者が働けなくなっても、保険金が支払われないことも考えられます。ですので、心配な方は複数の保険を組み合わせるなどして対応するといいでしょう。

 

収入保障保険はどんな人に向いている??


ここからは、収入保障保険がどんな人に向いているかご紹介したいと思います。

小さい子供がいる家庭

まだ小さい子供がいる家庭は、収入保障保険に入った方がいいでしょう。こういった家庭では子供が成長するにつれ、教育資金などのまとまったお金が必要となってきます。もしも子供が小さいうちに一家の大黒柱が亡くなったら、将来の生活が危ぶまれます。それに備えて収入保障保険で将来のリスクに備えた方がいいでしょう。

収入が少なく貯蓄も困難な家庭

こういった家庭では、万が一のことに備えることが大切です。収入保障保険は非常に割安な保険料ですので、比較的加入しやすいといえます。月数千円の保険料を支払うことで、もしもの際に毎月数十万円もの保険金が得られます。

貯蓄をするまでの間だけ保障が欲しい家庭

収入が十分にあるがこれから貯蓄をするという家庭は、貯蓄が十分に貯まるまでの間だけ収入保障保険に加入するのも手でしょう。十分な金額まで貯金ができたら、解約すればいいのです。もともと保険料も安いので、払った保険料もそこまで気にすることはありませんね。

 

まとめ


gf01a201503251500

ここまで、収入保障保険のメリットやデメリットについて簡単にご紹介してきました。収入保障保険は、通常の定期保険と比べても非常に合理的な仕組みの保険ですので、是非加入をお勧めしたいと思います。

私も結婚して子供が生まれたら加入を検討します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人生を楽しむ姿勢
  2. 大家さんとは?知っておきたい不動産投資のリスクのまとめ
  3. 人生を変えたいと思ったその瞬間から、人生は変えられます。
  4. 今の時代、やるかやらないかで人生が決まる
  5. 投資信託を解約するタイミングは?解約で気をつけたいポイント

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    優先株とは何でしょう?優先株の基本

    よく「優先株」という言葉を耳にすることがあります。「優先」とい…

  2. 投資の基礎知識

    知っておきたい!ETF(上場投資信託)のメリットとデメリット

    投資信託の勉強をしたことがある人なら、ETF(上場投資信託)をご存知の…

  3. 投資の基礎知識

    毎月分配型の投資信託を買うと損する理由

    毎月分配型投資信託が最近人気のようです! 雑誌の特集を見ても、結構…

  4. 投資の基礎知識

    外国債券は投資信託で決まり!リスクを理解し適切に投資しよう!

    投資信託の中には、「外国債券投資信託(外国債券ファンド)」というものが…

  5. 投資の基礎知識

    自主管理大家のメリット・デメリット! 不動産の管理方法まとめ

    不動産投資において、物件を購入して次に出てくる問題が、物件をどのように…

  6. 投資の基礎知識

    個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットと商品の選び方とは

    個人型確定拠出年金(iDeCo)は、税制上の優遇措置を受けられるため、…

最新の記事

最近の記事

  1. FXと外貨預金の違いは?外貨預金のポイント
  2. 小さい積み重ねが大きな違いになる!新しいことに挑戦することは…
  3. 仮想通貨に新銘柄なるか?あのIBMが検討中の仮想通貨の最新ニ…
  1. 投資の基礎知識

    Binance(バイナンス)の二段階認証の分かりやすい設定方法
  2. 投資の基礎知識

    投資信託の解約タイミングは超重要!損切りと利益確定で資産倍増を!
  3. 投資の基礎知識

    コインチェックの手数料は高い!クレジットカード手数料には要注意!
  4. 投資の基礎知識

    アロハコインのホワイトペーパーが登場!マイニングや上場情報の解説
  5. 投資の基礎知識

    コインチェックの入金が反映されない時の対処法!お得な入金方法とは?
PAGE TOP