投資の基礎知識

ドル建て保険とは??知っておきたいメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドル建て終身保険というのをご存知でしょうか??日本は低金利ですが、ドル建て保険を利用すると、高い金利でお金を貯めつつも、もしもの場合に備えて保険を掛けることができます。

今回は、そんなドル建て終身保険について解説したいと思います。

ドル建て終身保険の基本


まずは、ドル建て終身保険の基本から押さえましょう。

そもそも終身保険とは

終身保険とは、被保険者が死亡または高度障害状態になった場合、保険金が支払われる保険です。さらに保障期間は一生涯ですので、被保険者が死亡しない限りは一生保証されます。また、終身保険を途中で解約すると、それまでに支払った保険料が戻ってきます。通常、保険料の払い込み期間が終わると、支払った金額と同等かそれ以上の解約返戻金を受け取ることができます。

ドル建て終身保険

ドル建て終身保険は、予定利率が円建ての通常の保険よりも高めに設定されており、保険料も割安です。また、終身保険のため死亡や高度障害になった場合にも備えることができます。ドル建て保険は保険金で受け取ったドルを円に交換する際、為替レートの影響を受けます。為替レートが円安なら為替差益が得られますが、円高の場合には為替差損が発生します。また、ドルと円を両替する際には為替手数料が掛かりますので、注意が必要です。

円建て保険との違い

ドル建て保険は、円建て保険よりも予定利率が高い傾向があります。そのため、高い運用効果を期待できます。また、保険料の割引率もそれだけ高く、保険料がそれだけ安く抑えられます。

しかし、保険料を支払う場合には、円をドルに換算しますので、為替レートによって支払額が毎月変わってくることになります。つまり、総支払い額が払い込みが終わるまでは確定しないことになります。

 

ドル建て保険のメリット


こちらではドル建て保険のメリットについて解説します。

予定利率が高い

ドル建て保険では、予定利率が高いため、高い運用成果と安価な保険料を期待できます。円建て保険の方が予定利率が低いですので、運用成果、保険料の割引率、どちらもドル建て保険に軍配が上がります。

為替差益を期待できる

ドル建て保険では、満期時や解約時に円安になっていれば、為替差益を狙うことができます。ただし、これは為替レートの動向次第では為替差損の可能性もあるということですので、ハイリスク・ハイリターンの投資といえます。

資産を外貨に分散できる

ドル建て保険を利用することで、日本だけでなく海外に資産を分散して保有することができます。保険ですので、保障を得ながらも外貨の資産を保有できるメリットがあります。満期保険金や解約返戻金も外貨のまま保有できますので、外貨建て資産として活用できます。

 

ドル建て保険のデメリット


gori0I9A2957072095812_TP_V

ドル建て保険にもデメリットがあります。特に外貨特有のデメリットです。

受取り金額が減ることがある

ドル建て保険は満期保険金や解約返戻金が外貨で支払われますので、為替の動向次第では思っていたよりも受取金額が少なくなるリスクがあります。場合によっては、予定利率が高いというメリットを上回るマイナスが発生する可能性があります。

両替時に手数料が掛かる

ドル建て保険では、保険料を支払うために円をドルに両替する際、また満期保険金を日本円に両替する際に為替手数料が掛かります。このように、為替リスクだけでなく、為替手数料が掛かることも念頭に置いておきましょう。

受取り金額、払い込み金額が不明確

ドル建て保険では、為替の影響で支払い額や受取り額が変わりますので、最終的な払い込み金額や受取り金額が正確にわからない恐れがあります。ですので、自分の資金を全て費やすのではなく、余剰資金を使って投資するのが無難といえます。

 

ドル建て保険向きの人とは


Portrait of jumping young people a backs on the beach

ここからは、ドル建て保険が向いている人の特徴を挙げていきます!

掛け捨て保険が嫌いな人

保険では、掛け捨て保険の方が貯蓄型保険などと比べて、手数料の面では得することになります。ですが、掛け捨て保険に加入して最後まで保険金を受け取らなかった場合、何もお金が戻ってこないので損した気分になる人もいると思います。そういう人は、掛け捨て保険ではなく貯蓄型の保険に加入した方がいいでしょう。その中でも、さらに高い予定利率を狙いたいのでしたら、ドル建て保険がオススメです。

将来ドルを使う予定の人

将来に備えてドルを保有したい人は、ドル建て保険を利用することで、国内の金融商品にはない高利回りを期待できます。また、日本の財政破綻が不安な人は、ドル建て保険を利用して資金を徐々に海外に移し始めることもできるでしょう。

 

まとめ


ここまでドル建て終身保険について解説してきました。為替リスクがありますから、保険の手段というよりかは、投資として考えるのが妥当だと思います。

興味を持った方は、余剰資金を使ってドル建て保険を検討してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 自主管理の大家さんにこそオススメしたい不動産管理会社とは
  2. 人生でも仕事でもスピードが大事!
  3. 積立NISAと現行NISAの違いとは – いつから始まる?メリットは?
  4. アパート・マンション空室率が増加?不動産投資の空室対策まとめ!
  5. 7月の活動を振り返って

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ワンルームマンション投資とは?不労所得の簡単な作り方!

    投資をする上で一番怖いのが、「失敗」することですよね。特に不動産投資で…

  2. 投資の基礎知識

    FXでは損切りが超重要!FXの基本を徹底解説

    FXと聞くと、「1億円も受けました!」とか「失敗して破産しました、、」…

  3. 投資の基礎知識

    ラップ口座のデメリットとは?手数料が高いのがネック

    個人投資家向けに、ラップ口座というものが流行り始めているようです。まだ…

  4. 最新投資ニュース

    現状のビットコイン相場と今後のビットコイン相場の予想

    仮想通貨の時価総額は回復傾向へ10月2日、仮想通貨の時価総額がここ…

  5. 投資の基礎知識

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットの解説

    不動産投資初心者が最初に直面する課題として、「果たしてどの物件から投資…

  6. 投資の基礎知識

    知っておきたい!中古物件を購入するまでの流れ

    これから不動産投資を始めようと考えている人にとって、実際に物件を買うま…

最新の記事

最近の記事

  1. 毎日がありがとうの連続。感謝のメッセージを送ろう!
  2. つまらない毎日を気楽に生きる方法
  3. 管理会社とは?知っておきたい管理会社の正しい選び方
  1. 投資の基礎知識

    Zaif(ザイフ)の登録方法と口座開設方法のやさしい解説
  2. 投資の基礎知識

    コインチェックは二段階認証しよう!設定方法と口座開設方法の解説
  3. 投資の基礎知識

    投資信託の解約タイミングは超重要!損切りと利益確定で資産倍増を!
  4. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)のログインと登録方法を5ステップで解説
  5. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーライトニングの使い方を完全網羅!チャートの見方とは
PAGE TOP