投資の基礎知識

ふるさと納税の仕組みと控除を受けるための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、ふるさと納税という言葉をよく耳にしますよね。実は、私の家族もふるさと納税をやっていたりします。各地の名産品がもらえて、家族みんな大喜びです。

今回はそんな気になるふるさと納税についてまとめてみました!ぜひ、あなたもふるさと納税を始めてください!

ふるさと納税の基本


それでは、ふるさと納税ってそもそもどんな制度なのでしょうか??こちらで基本的な内容をご紹介します。

ふるさと納税とは

ふるさと納税というのは、地方自治体への寄付金制度のことです。自分が好きな地域へ寄付することができます。寄付すると、税金が控除されたり、寄付金の用途を指定して地域を応援できたり、さらにはお礼として各地の美味しいお肉やお魚などがもらえることもあります。

ふるさと納税を上手く使えば、本来は税金として持っていかれるお金を使って、珍しい地方の特産品を得ることができます。節税できて、地方の役にも立って、何よりも特産品がもらえて、良いことづくめですよね。

ふるさと納税をの始め方

ふるさと納税の始め方はとてもシンプルです。以下、順番に見ていきましょう。

寄付する自治体を選ぶ

ふるさと納税を始めるにあたって、各自治体のホームページや、ふるさと納税を紹介しているまとめサイトを確認します。納税者に対してどのような地方特産品を提供しているのかが分かります。たくさんの自治体が様々な特産品を提供していますので、調べるだけで楽しいですよね。

自治体の指定口座へ振込をする

自分が寄付したい地方自治体が決まったら、自治体の指定口座へお金を振り込むことでふるさと納税が完了します。この際、特産品をもらうには指定金額以上の寄付をする必要がある自治体もあるので、注意しましょう。また、時期によっては特産品が提供できない時期もありますので、よく確認しましょう。

特産品を受け取る

ふるさと納税が完了したら、あとは特産品が届くのを待つだけです。食べ物の特産品が届きましたら、早めに食べましょう!

 

特産品以外のメリット


6318127296_5d8022fda7_b

こちらでは、ふるさと納税において、特産品がもらえる以外のメリットをご紹介します。

税金の控除を受けられる

ふるさと納税をすることで、所得税と住民税の控除が受けられます。ふるさと納税をした分だけ、控除の金額が増えますので、それだぇ税金を減らすことができます。

また、平成28年4月より「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。この制度を利用すると、確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄付金控除を受けられるようになります。ただし、特例の申請をするためには、ふるさと納税の際に各自治体に特例の申請書を提出する必要があります。また、特例を受けられるのは自治体数は5団体までです。

控除金額には限りがある

多くの自治体に寄付すればするほど控除額が増えるかというと、そうではありません。ふるさと納税による控除額には上限があります。

簡単にいうと、基本的に自己負担は2,000円で、それ以外の控除額については、所得の金額などによって変わってきます。また、家族構成も控除には大きく影響します。詳細な情報は、「総務省」のホームページなどで確認してみてください。

自営業や公務員も適用される

サラリーマン同様、自営業の人も公務員もふるさと納税で税額控除を受けられます。

 

昨年の寄付金ランキング


6074165380_a22f55b0b9_b

こちらでは、2015年に人気のあったふるさと納税をランキング別にご紹介します!

1位:鹿児島県大崎町

こちらの自治体では、完熟マンゴーや大崎牛、うなぎなどの名産品から商品を選ぶことができます。また、プロ野球選手の関連グッズももらえるようですので、野球好きにはオススメかも!?

2位:滋賀県近江八幡市

近江八幡市の特産品といえば近江牛です、ふるさと納税をすれば、近江牛を始めお米や黒豆などの特産品がもらえます。お肉好きにはたまりませんね!

※参考:ふるぽ http://furu-po.com

 

まとめ


以上、ふるさと納税についてご紹介してきました。

メリットがいっぱいのふるさと納税を、あなたも始めてみませんか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ボロ築古物件には要注意!不動産投資で失敗しないためのポイント
  2. 人生設計は早いうちから!
  3. ジュニアNISAのメリットを生かそう!賢く使って将来に備えましょう!
  4. クラウドファンディングとは一体なに??分かりやすく解説します!
  5. 一般口座と特定口座とは – その仕組みとメリット・デメリットの解説

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAとは − メリット・デメリット・贈与税の扱いのまとめ

    NISA(少額投資非課税制度)には、通常のNISAとジュニアNISA、…

  2. 投資の基礎知識

    区分ワンルームマンション投資とは?アパート経営と比較したメリット・デメリット

    不動産投資を始めようとすると、ワンルームマンションに投資するか、アパー…

  3. 投資の基礎知識

    実は危険!?ビットコイン投資のリスクとは??

    最近、何かと仮想通貨投資が話題に上がることが増えてきました。た…

  4. 投資の基礎知識

    投資信託の種類〜マイクロファイナンスファンドってなに??

    あなたは、マイクロファイナンスという言葉を聞いたことがありますか?…

  5. 投資の基礎知識

    確定拠出年金の解約には要注意!投資する際に知っておきたいこと

    最近、企業年金として確定拠出年金が増えているようですが、その仕組みを理…

  6. 投資の基礎知識

    ミニ株を始めよう!ミニ株のメリット・デメリット

    株式投資を始めたいと思っていても、まとまった資金がなく、実際に投資を始…

最新の記事

最近の記事

  1. FXのスキャルピング手法には損切りが不可欠!スキャルピングの…
  2. NISAでおすすめな銘柄とは?メリット盛りだくさんの投信を狙…
  3. 気をつけたい!区分ワンルームマンション投資のリスクとは?
  1. 投資の基礎知識

    【コインチェック】口座開設と登録方法、二段階認証の設定方法を解説
  2. 投資の基礎知識

    個人向け社債がお勧めできない理由とSBI債とマネックス債の解説
  3. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAとは − メリット・デメリット・贈与税の扱いのまとめ
  4. 投資の基礎知識

    Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録方法と使い方
  5. 投資の基礎知識

    指値注文と成行注文の使い方とは?株の売買と注文の仕組みを解説!
PAGE TOP