投資の基礎知識

NISAのメリットとその裏に潜むデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NISAといえば、一時期、世間でかなり話題になりましたよね。年間120万円までの金額が非課税になるってすごく嬉しいですよね。

しかし、NISAにはデメリットもあるんです。しかも、このデメリットがなかなかインパクトがあります。

今回はそんなNISAについてご紹介したいと思います。

NISAの基本


7893224954_a72fd6f1d9_b

まずはNISA制度の概要から確認しましょう!

NISAとは

NISAというのは「少額投資非課税制度」のことで、年間120万円までの投資から得た利益が5年間非課税になる制度です。通常、投資には20%ほどの税金がかかりますが、それが丸々非課税になるのですから、そのメリットはかなり大きいといえます。

NISAに向いている人

NISAでは他の口座との損益通算などができませんので、複数の口座を持っている投資家にはNISAは何のメリットもないでしょう。年間の投資額が120万円以内だったり、複数の口座を持たないで投資する人がNISAに向いているかもしれません。

 

NISAのメリット


ここからは、NISAのメリットを見ていきましょう。

税金が非課税に

NISAの一番のメリットが、投資に対する税金20.315%がまるまる非課税となることです。120万円以内の投資に対しては、たとえ利益が何円出ても非課税となります。これはすごくお得ですよね。また、利益を非課税のまま再投資して複利運用できますので、長期的に大きな収益を期待できます。

非課税は5年間有効

NISAでは、非課税枠は一年ごとに120万円まで、最大5年間有効です。そのため、5年間で600万円までの投資が非課税となります。これだけ多くの投資を非課税にできるのは、かなり嬉しいことですよね。

 

NISAのデメリット


さて、いよいよ今回の本題であるNISAのデメリットについてご紹介してきます!この記事を読んでいる人の中には、NISAにデメリットがあると聞いて驚いている人もいるのではないでしょうか??

損失を繰越控除できない

NISAのデメリットとして最初に挙げられるのが、損失を繰越控除できないことでしょう。通常の投資口座で投資した場合、投資から損失が出たら、確定申告をすることでその損失を3年間繰り越すことができます。

仮に昨年20万円の損失が出たとします。そして、今年20万円の利益が出たとすると、昨年の20万円の損失と相殺することで、今年の利益を0円として計算することができます。投資では損失はつきものですので、投資家にとって損失の繰越控除は重要な制度といえます。

しかし、NISAでは損失の繰越控除が使えませんので、その年に出した損失はその年のみ適用されることになります。

損益通算できない

NISAでは、損益通算することもできません。損益通算とは、複数の口座間の損失と利益を相殺し合って、最終的な損益を計算することをいいます。例えば、A口座では利益が20万円出て、B口座では損失が20万円出たとします。この場合、損益通算をすることで、AとB両方の口座の損益を相殺して、利益を0円と扱うことができます。

しかし、NISA口座は他の証券口座と損益通算ができませんので、本来は損益通算によって税金を抑えられるはずが、それができなくなってしまい、無駄に税金を支払うことになります。

5年後は課税対象になる

NISAで投資をしても、その非課税期間は5年間しかありません。そのため、20年〜40年と長期投資をする上では、NISA口座の5年という非課税期間では短すぎるといえます。また、長期投資で投資信託を運用する場合、分配金が出ない投資信託を購入することになりますので、そもそも利益が発生しないためNISAを利用する必要がほとんどないことになります。

非課税枠は戻らない

NISAは年間投資額が120万円までなら非課税となりますが、この非課税枠は一度使ったら元に戻ることはありません。つまり、非課税枠を使って投資した場合、途中で投資商品を売却して投資資金を120万円以下にしたとしても、新たに非課税枠が増えるわけではないのです。これもデメリットといえます。

デイトレードには向かない

NISA制度は、短期間で大量の取引をするデイトレーダーには向かないといえます。なぜなら、デイトレードでは、短期的に大量の売買を繰り返すことになりますので、すぐに120万円の非課税枠を使い切ってしまうからです。デイトレードをしている人にとって、120万円の枠は少なすぎるといえます。

 

NISAの効率的な使い方


201210032000

NISAでは利益が出た場合にはメリットが大きいのですが、損失が出た場合にはデメリットしかないことがわかります。

ここからは、そんなデメリットが多いNISAの効率的な使い方についてご紹介します。

一年ぐらいの投資に向いている

NISAでは、デイトレードなどの短期投資の場合にはすぐに枠を使い切ってしまいます。また、長期投資をする場合にもほとんど利用する意味がありません。そういう意味では、年単位で利益が上がる投資に向いているといえるでしょう。

投資信託や株式などがおすすめ

NISAは損失が出ると不利ですので、そこまでリスクを取った投資はオススメできません。かといって、リスクが低い投資先を選んでしまうと、利益が非課税になるメリットを生かしきることができません。そういう意味では、ミドルリスクの投資商品を購入するのがいいでしょう。具体的には、投資信託や株式などがオススメだといえます。

 

まと


NISAは確かに非課税ということで嬉しい制度ですが、蓋を開けてみるとすごく中途半端な制度だということが分かります。NISAのデメリットについて理解した上で、投資を進めてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知っておきたい優良物件の探し方!中古マンション投資で失敗しないためのポイント
  2. 投資信託で失敗する前に知っておきたい交付目論見書の見方!
  3. 投資信託はポートフォリオを組むことがオススメ!
  4. 個人投資家が超高速取引に打ち勝つ方法
  5. デジバイト(Digibyte)の実力はいかに?その特徴とチャートを解説

関連記事

  1. 最新投資ニュース

    仮想通貨に新銘柄なるか?あのIBMが検討中の仮想通貨の最新ニュース

    IBMが食料ビジネスにおける仮想通貨を検討中食料ビジネス+ブロ…

  2. 最新投資ニュース

    特定口座と一般口座の違いは?源泉徴収ありの特定口座がおすすめ!

    どの証券口座を作ればいいの?株式や投資信託へ投資するには、…

  3. 投資の基礎知識

    個人年金保険のメリット・デメリットと基本的な仕組みについて

    あなたは自分の老後が不安ではありませんか??これからの時代、国…

  4. 投資の基礎知識

    投資信託で気を付けたいこと。売り方と買い方の大鉄則。

    さて、いざ投資信託を始めようと思っても、実際にどのように購入すればいい…

  5. 最新投資ニュース

    評価が割れるターゲットイヤーファンドのメリットとデメリットを比較

    ターゲットイヤーファンドって?ターゲットイヤーファンドとは…

  6. 投資の基礎知識

    Jリートとは?投資初心者のための不動産投資信託

    投資信託や不動産投資の勉強をしていると、J-REITという単語をたまに…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. 不動産投資信託(REIT)が抱えるリスクとは
  2. やってみなくちゃ分からない!迷ったらとにかくやってみる!
  3. 長続きしない・行動できない人が、行動できる人に変わる方法!
  4. この人生を後悔しないために。愛おしいという気持ちを持つ!
  5. 感動体験をすると、人生がもっと充実します
  1. 投資の基礎知識

    高い利回りが狙える外国債券投資!初心者でも分かる外債の基本とリスク
  2. 投資の基礎知識

    注目!築古物件で不動産投資を始める際に知っておきたいこと
  3. 投資の基礎知識

    サブリース契約の落とし穴!サブリース契約の問題点とは?
  4. 投資の基礎知識

    住宅ローンを組んで合法的に賃貸経営しよう!賃貸併用住宅の基本
  5. ブログ

    人に元気を与える
PAGE TOP