投資の基礎知識

株の空売りとは?株価下落時でも利益を得られる魔法の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは株式投資と聞くと、株価が値上がりしている時しか儲けられないと考えていませんか??

実は、株式投資というのは、株価が下落している局面でも儲けることができるんです!その手法が「空売り」です。

ということで、今回は株の空売りについてご紹介したいと思います!

株の空売りの基本


aa

そもそも空売りとはどういう投資法なのでしょうか??基本から確認しましょう。

高く売って安く買う

空売りというのは、信用取引に基づいて行われる取引で、投資対象物を持たずに「売る」という行為をします。

株式の空売りでは、現時点の株価で証券会社から株を借りてきて、それを売却します。そして、株価が値下がりした時点でその株式を買い戻し、証券会社に株を返却します。この一連の取引の結果、値下がり前に株式を売った代金が、値下がり後に買い戻した費用よりも大きくなりますので、その差額を儲けとして受け取ることができます。値下がり幅が大きい銘柄で空売りとをすると、より大きな利益を上げることができます。

 

空売りで利益を狙えるタイミング


aaaaaa

こちらでは、空売りを仕掛けるのに最適なタイミングについて解説したいとおもいます。

株価の下落局面

空売りを仕掛けるのは、株価の下落局面です。株価が下落する場面というのは、様々なケースがあります。

業績が悪い

その会社の業績が明らかに悪かったり、または業績が悪化するのが目に見えてわかる場合、空売りを仕掛けるのに最適です。例えば、輸出企業への投資をする場合、円高が長く続きそうなケースですと、為替差損で業績が悪化するのは明らかでしょう。そんなんとき、空売りを仕掛けることで、利益を上げることができます。

増税

政府が増税を発表すると、それの影響を受ける銘柄の株価が下落しますので、このタイミングでも空売りは仕掛けやすいといえます。例えば、タバコが増税されると、タバコを販売する企業の株価が下落するのは明らかです。また、政府が消費税の増税を発表した際には、小売業などの業績は確実に悪化します。空売りを仕掛ける機会というのは、意外とあるのです。

公募増資

公募増資のタイミングでも、空売りを仕掛けやすいといえます。公募増資というのは、企業が新しい株式の発行にあたり、不特定多数の投資家に対して株式購入の勧誘をすることをいいます。公募増資が行われると、発行されている株式の数が増えるため、株価が下落することになります。

 

空売りで注意すべき点


5

空売りは、一見するとすごく簡単に儲けられそうに思えますが、安易に使うとリスクが高まる危険性があります。

貸株料

空売りをするときには、証券会社から株式を借りてくることになります。株式を借りている間、証券会社に対しては貸株料という手数料を払い続けます。ですので、株式を買い戻すまでの期間が長引くほど、より多くの貸株料を支払う危険性があります。

逆日歩(ぎゃくひぶ)

逆日歩というのは、株式を借りたい人が多いときに発生する手数料です。実は、証券会社では貸す用の株式を保有していますが、貸せる株式にも限度があります。貸せる株式の上限を超えると、証券会社は機関投資家から株式を調達することになります。このとき、証券会社は手数料を支払って株式を調達するわけですから、その手数料を投資家側にも負担させようとします。その手数料を逆日歩といいます。逆日歩が高い銘柄の空売りをすると、損失が生じる可能性が高くなりますので、注意が必要です。

相場が反転すること

空売りをする際に気をつけるべきことは、相場が逆転することです。予想に反して株価が上がると、株式の買い戻しができなくなります。空売りを仕掛けて相場が反転すると、損失が無限に拡大することになります。

 

空売り残高


ここからは、空売り残高について解説していきます。

空売り残高とは

空売り残高とは、通常は売り残と表現されますが、これは空売りされて買い戻されていない株数のことをいいます。空売り残高の多い銘柄は、これからも下落が続くと考えられます。

残高が多いと株価は下がる?

空売り残高が多いということは、短期的には株価が下がりが続けると考えられます。しかし、空売りは他人から借りた株式を売っているわけですから、将来的には株式を返却する必要があります。ですので、将来的には株式の買い戻しによって、株価の上昇が期待されると考えられます。また、空売りをしたものの、そのまま株価が値上がりしたために、株式の買い戻しができなかった銘柄も残高として残っている可能性もあります。

 

空売りの規制


aaaa

ここからは、空売りに関わる規制についてご紹介します。空売りというのは、株価を下落の方向に誘導することになりますので、金融商品取引法で規制が設けられています。

空売り規制

空売り規制というのは。51単元以上の信用新規売り注文を、市場の株価以下の値段で発注することをいいます。例えば、単元が100株の株式の場合、51単元というのは5,100株ということになります。また、50単元以下の取引でも、数回に分けて信用新規売り注文をした場合には、空売り規制に抵触する可能性もあります。

価格規制について

価格規制というのは、当日の基準価格から10%以上の値下がりがあった銘柄に対して、証券取引所が直近で公表した価格以下で空売りすることを禁止したものです。ちなみに、一日に10%以上の値下がりした銘柄をトリガー抵触銘柄といいます。トリガー抵触銘柄となった場合、即日価格規制の銘柄に指定され、翌営業日の取引終了時点まで価格規制の対象となります。なお、価格規制に抵触する銘柄は、日本取引所グループのホームページで確認できます。

 

まとめ


以上、空売りについて簡単に説明してきました。株価の下落局面でも儲けられる空売りというのは、とても面白い投資方法ですよね。

興味を持った方は、空売りについて勉強してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. オーバーローンとは?不動産投資ローンで知っておきたい基礎知識
  2. この人生を後悔しないために。愛おしいという気持ちを持つ!
  3. 相手を大切に思う気持ちを持ちましょう!
  4. 仮想通貨は儲かる?知っておきたい仮想通貨のメリットと将来性
  5. 個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットと商品の選び方とは

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAのメリットを生かそう!賢く使って将来に備えましょう!

    2016年4月から「ジュニアNISA」が始まりました。子供向けのNIS…

  2. 投資の基礎知識

    ファミリーファンド方式って一体なに??基本から解説します。

    あなたは投資信託を調べていて、「ファミリーファンド方式」というものを目…

  3. 投資の基礎知識

    サラリーマン投資家が続出!?なぜ投資が選ばれるのか??

    あなたは、副業を始めることを考えたことがありませんでしょうか??副…

  4. 投資の基礎知識

    海外ETFがオススメ!ETFに投資をしよう!

    投資初心者が一番悩むことは、まずどの投資から始めるかということです。そ…

  5. 最新投資ニュース

    マレーシア政府が仮想通貨の規制ガイドラインを設け、合法化の方向へ

    マレーシア政府が仮想通貨の合法化を検討マレーシア政府と金融…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. レバレッジの効かせすぎで借金も – FXのレバレ…
  2. 職場ストレスがもう限界…。発想の転換で人の笑顔に焦点を合わせ…
  3. インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方
  4. 結局は人と人とのつながりが大切。他者貢献が人生を豊かにする。…
  5. 投資信託の手数料は安いほうがいい!信託報酬の基本
  1. 投資の基礎知識

    投資信託の種類と買い方、解約タイミングを知って賢く投資!
  2. 投資の基礎知識

    長期投資のメリットとは?? 株式投資の極意を解説します!
  3. 投資の基礎知識

    区分ワンルームマンション投資の基本!収益物件への投資で知っておきたいこととは?
  4. 投資の基礎知識

    ETNとは – ETFとの違い、メリット・デメリットを解説
  5. 投資の基礎知識

    今が旬!民泊ビジネスのメリットと問題点とは?
PAGE TOP