投資の基礎知識

株主優待をクロス取引で節税しながらタダでゲットしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはクロス取引というのをご存知でしょうか??実はこのクロス取引を使うことで、株主優待をお得に受け取ることができるのです。

今回はそんなクロス取引について解説していきたいと思います。

クロス取引の基本


クロス取引とは

クロス取引とは、信用取引を利用した取引方法のことをいいます。主に株式取引において、株主優待や配当金を受け取るためのつなぎとして利用される取引です。具体的には、同じ日に特定の銘柄の現物買い注文と信用売り注文を入れ、同じ価格で売買を成立させることで、価格下落リスクをなくす取引方法です。

株主優待をお得に手に入れる

クロス取引では、株主優待を受けられる「権利付最終日」までに「現物株の買い」をすることで株主優待を手に入れ、権利落ち日にその株式を渡して信用取引の売りによる利益を得ます。この時点で、買いによる「損」と信用売りによる「利益」が相殺されます。

つまり、株価下落の影響を受けることなく、信用取引にかかる手数料だけで株主優待がお得に受け取れるのです。

 

信用取引とは


ここからは、クロス取引をする上で大切な信用取引についてご紹介していきます。

信用取引とは

信用取引とは、証券会社から資金を借りて自己資金以上の取引をしたり、株式を借りて売却する取引をすることをいいます。自己資金以上の取引を行えますから、レバレッジの効果が見込まれます。

レバレッジとは

レバレッジとは、自己資金以上の取引を行うことで、大きな利益を狙えることをいいます。信用取引では、証拠金を担保に入れることで、証拠金のおよそ3倍までの資金で取引することができます。利益が出ればそれだけ儲けも大きくなりますが、損失が出た場合には、それが拡大します。この点はFXと同じように、ハイリスク・ハイリターンな取引といえます。

空売り

空売りというのは投資をしているとよく耳にする用語ですが、実際に仕組みを理解している人は少ないのではないでしょうか??

空売りは、証券会社から株式を借りてきて、それを売却することをいいます。空売りでは、最終的に売却した株式を安値で買い戻して返却し、残った部分が投資家の儲けとなります。空売りでは証券会社から株式を借りるため、手数料として貸株料がかかります。空売りで長期間株式を借りていると、貸株料が多くかかってしまいますから注意が必要です。

空売りでも株価の分析をしっかりと行わないと損失を抱えることになりますから、よく注意しましょう。

逆日歩(ぎゃくひぶ)

逆日歩とは、信用売りしている銘柄が多くなった場合に証券会社側の株式が不足し、株式を銀行などの機関投資家から追加で借りる際にかかる費用です。機関投資家から証券会社が株式を借りる場合、証券会社が貸株料を支払う必要が発生しますから、その分を投資家側に上乗せして請求したものが逆日歩となります。

特に株式の権利付最終日付近にはクロス取引による信用売りが多く発生するため、逆日歩が発生する可能性が高くなります。株数によっては逆日歩が高額になることがあるので、必ず確認するようにしましょう。

 

クロス取引のメリット


株主優待を受けることができる

クロス取引のメリットは、何と言っても株主優待を受けられることでしょう。株式優待が目的といっても、株式投資をするには多くの資金が必要ですし、株価が下がって損失が出る可能性もあります。しかし、クロス取引を利用することで、権利最終日にだけ銘柄を保有していればいいですし、何よりも信用売りによって値下がりのリスクを回避できます。安全に、そしてお得に株主優待を受けられるのは、クロス取引のメリットでしょう。

 

クロス取引のデメリット


手数料がかかる

クロス取引には、証券会社に支払う手数料が発生するデメリットがあります。原則、取引金額が多くなるほど、かかる手数料の金額も大きくなります。しかし、現在は多くの証券会社が登場したこともあり、手数料の金額はかなり下がってきていますので、そこまで大きなコストがかかるわけではありません。

配当落調整金が発生する

配当落調整金というのは、クロス取引した銘柄に配当金が出た場合、配当金に相当する金額を証券会社に支払うことをいいます。信用売りした株式は本来証券会社のものですから、配当金は証券会社に支払われるべきものです。その支払われなかった部分を補填するのが、この配当落調整金です。

ちなみに、配当金をもらって配当落調整金を支払うと、若干のマイナスとなります。その理由は、配当落調整金は税引き前の金額を支払いますが、配当金は税金が源泉徴収された残りが振り込まれるため、税金の分マイナスになるからです。

違法性を疑われることもある

クロス取引というのは、自分自身ではクロス取引をしていることが分かりますが、他の投資家から見たらそれが分かりません。よって、場合によっては「相場操縦行為」と見なされる可能性があります。相場操縦行為というのは、金融商品取引法で禁じられている行為で、株価の値動きを人為的に操作する行為をいいます。

 

まとめ


ここまで、クロス取引について解説してきました。

それにしても、こんな裏技的方法で株主優待が手に入るんですね!

ちょっとずるいような気もしますが、お得に株主優待を手に入れられますので、興味を持った方は、クロス取引についてもっと勉強して見てください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 個人年金保険のメリット・デメリットと基本的な仕組みについて
  2. 債券の利回りとは?債券投資の基礎知識
  3. 利付国債とは〜個人向け国債と比べたメリット・デメリットは?
  4. 自主管理の大家さんにこそオススメしたい不動産管理会社とは
  5. 投資信託を解約するタイミングは?解約で気をつけたいポイント

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    債券の格付けは大切!格付けを理解し投資を行いましょう

    債券投資をする時には、利回りの高さもたしかに重要ですが、格付けの高さも…

  2. 最新投資ニュース

    クロス取引で手数料だけで株主優待を節税しながらタダで手に入れる方法

    株主優待では権利落ち日に注意最近、株主優待目当てで株式投資…

  3. 投資の基礎知識

    不動産投資信託(REIT)が抱えるリスクとは

    あなたは不動産投資信託というものをご存知でしょうか?? こちらは文…

  4. 最新投資ニュース

    ビットコインが急上昇、市場全体が再び上昇ムードへ

    ビットコインの価格が10%以上上昇中国でのICO禁止、取引…

  5. 投資の基礎知識

    貧乏サラリーマン生活でも貯金する方法とは?

    「貧乏サラリーマンの自分が貯金なんてできるわけがない」と思っていません…

  6. 最新投資ニュース

    ロシアの銀行が仮想通貨の発行を計画 – 仮想通貨最新ニュース

    ロシアの銀行Tinkoffが仮想通貨発行を計画ロシアの銀行Tink…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. FXのスワップポイントで生活できる?FX初心者が知っておきた…
  2. 人生お金じゃないは嘘。人生の選択肢はお金で決まる。
  3. 心が疲れたら…。何もしない日も大切。
  4. 知っておきたい!ETF(上場投資信託)のメリットとデメリット…
  5. あなたは人生を無駄にしていませんか?人生で大切なことに集中す…
  1. 投資の基礎知識

    注目!サラリーマン大家が失敗する理由と成功するための方法
  2. 投資の基礎知識

    築古物件に投資しよう!アパート経営で失敗する人の特徴とは!?
  3. 投資の基礎知識

    信用取引の仕組みが分かりません!株の信用取引の基本
  4. 投資の基礎知識

    外貨建てMMFとは??その仕組みとメリット・デメリットのまとめ
  5. 投資の基礎知識

    不労所得の作り方!中古ワンルームマンション投資とは一体どんな投資??
PAGE TOP