投資の基礎知識

外国債券のリスクとメリット!知っておきたい債券の基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この低金利の時代、銀行にお金を預けてもスズメの涙ほどの利息しかもらえません。だからといって投資を始めようとしても、リスクが怖くて、今一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか??

そんなあなたに朗報です!

外国債券投資では、比較的安全に高い利回りを狙うことができます。今回はそんな債券投資について、解説していきたいと思います。

債券投資の基本


7893224954_a72fd6f1d9_b

外国債券について解説する前に、債券投資について押さえましょう!

債券とは

債券というのは、国や地方公共団体、企業などが、まとまった資金を調達するために発行する証券のことをいいます。

債券では、あらかじめ金利や償還日、償還金額が定められています。債券を保有することで利息がもらえたり、満期保有で元本を受け取ることができます。

債券は運期間中は投資家側から解約を申し出ることはできませんが、債券市場では随時売買が可能ですので、比較的流動性は確保されているといえます。もちろん市場で売却することになるのですから、市場の状況によって、元本割れで泣く泣く売却しなければならないこともあります。

ただし、原則として満期まで保有していれば額面で償還されるわけですから、発行体が破綻することがない限り、損をすることはありません。

債券にもリスクがある

債券の元本や利息は、債券の発行体が保証してくれますが、その発行体が何らかの理由で支払いができなくなる可能性もあります(デフォルト)。

デフォルトした場合、発行体の資産の範囲内で支払いが行われますが、大抵は投資したお金より少なくなることが多いです。

債券と比較的似ている定期預金の場合、金融機関が破綻した場合でも、ペイオフによって預金者一人当たり1,000万円までの元本とその利息が全額保護されます。1,000万円を超過した金額については、銀行の支払い能力に応じて返済されます。

外国債券とは

債券というのは、世界中の様々な国々や企業、団体が発行しています。今回は、数ある債券の中でも、外国で発行された外貨建ての債券(狭義の意味での外国債券)について取り上げています。

 

外国債券のメリット


7873559140_4da312eb71_b

早速、外国債券に投資するメリットについてみていきます。

投資した金額が返ってくる

外国債券と聞くと少し危険なイメージがありますが、結局は外貨建ての債券にすぎません。よって、発行体が破綻しない限りは、元本や利息の支払いがなくなることはありません。

高利回りが期待できる

外国債券は、日本の債券よりも高金利の傾向があります。特に日本ではゼロ金利政策の影響で金利が非常に低水準ですから、外国債券の魅力はさらに高まっているといえるでしょう。

経済が安定している国は金利が低い傾向にありますが、経済が不安定な発展途上国などは金利が高い傾向にあります。外国債券では2〜4%程度の債券もよくありますが、この時点で、日本の定期預金よりも破格の高さです。

安く買えると儲けが大きくなる

債券というのは、安く買えれば安く買えるほど、償還時の金額との差が大きくなるので、利益を得ることができます。

新規発行された債券だけを買うのではなく、すでに発行されている債券を市場で安値で買って満期まで保有しても、利益を狙うことができます。

為替次第で利益も狙える

外国債券を保有して定期的に利息を受け取りつつ、為替が有利に動いたら債券を売却して利益を狙うこともできます。

 

外国債券のデメリット


外国債券にはデメリットもあります。

為替リスクがある

外国債券で一番怖いのが為替リスクでしょう。

為替リスクというのは、為替レートが変動することによって損失が出たりするリスクです。外国債券の満期時に為替が円高に動くと、償還された金額を日本円に直すと少なくなります。そうすると、せっかく運用でプラスの収益が出ていても、最終的にはマイナスの収益になることもあります。外国債券に投資する際には、一度通貨を交換する必要がありますから、この為替リスクは切っても切れないリスクといえるでしょう。

お金を返してもらえない可能性

外国債券では、当然、お金が戻ってこないリスクがあります。たとえば、債券の発行体である国がデフォルトした場合には、元本や利息の支払いは行われず、市場でも値段がつかないという事態にも陥ります。

こういったリスクを防ぐには、格付け会社が公表している格付けを参考にして、投資する債券のリスクを把握した上で投資するようにしましょう。

中途換金できない

外国債券も、基本的には中途換金ができず、満期まで保有しているしかありません。しかし、債券市場で売却することで、換金することはできます。

長期で保有する必要がある

為替レートいうのは、短期的には細かい上下を繰り返しますが、長期的にはある一定水準に落ち着くものです。ですので、長期的視野に立って運用するのが吉といえるでしょう。

また、外国債券に投資する場合、自己資金の全額を投資するのではなく、直近で必要ではない余剰資金を投資するようにしましょう。

 

外国債券の注意点


高利回りの外国債券が結構ありますが、それには裏があるのです。

高利回りには理由がある

高利回りの債券を見かけるとついつい投資したくなりますが、高利回りにはそれなりの理由があるのです。

例えば、破綻の危機にある国が低い金利で国債を発行しても、誰もそれを買おうとはしません。よって、高い金利を提供することで、どうにかして投資家を呼び込もうとするわけです。つまり、ハイリスク・ハイリターンという言葉の通り、高利回りということはそれだけリスクが高いということなのです。せっかく高利回りの外国債券を投資しても、デフォルトしてしまったら、お金が全てパーになってしまいます。

NISAは利用できない

外国債券といった債券は、NISAを利用することができません。意外と忘れがちなので、注意しましょう。

 

まとめ


l201111082200

高金利の外国債券は、ついつい投資したくなりますよね!

でも、きちんとリスクについて分析しないと、あとあと痛い目に会うことになります。注意しましょう!

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます:

>>特定口座の源泉徴収あり・なしと一般口座の違いとは?口座の選び方のまとめ

>>指値注文と成行注文の使い方とは?株の売買と注文の仕組みを解説!

>>ジュニアNISAとは − メリット・デメリット・贈与税の扱いのまとめ

>>投資信託の利益確定と損切り手法を解説!最適な解約タイミングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ご存知ですか??大人気の仮想通貨イーサリアムとは?
  2. NISAとは − 投資信託で知っておきたいメリットとデメリット
  3. 愛情=相手を思う気持ちが大切です。
  4. 【仮想通貨のまとめ】仮想通貨の特徴とデメリットは??
  5. 海外ETFがおすすめな理由〜手数料以上のメリットが盛りだくさん!

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨DASHが気になる!DASHを基本から解説します!

    この記事では、注目の仮想通貨DASHについて解説していきます。…

  2. 投資の基礎知識

    利付国債とは〜個人向け国債と比べたメリット・デメリットは?

    多くの人が投資先として、個人向け国債を検討していると思います。…

  3. 投資の基礎知識

    投資信託で大損しないために知っておきたい投資信託の選び方

    投資信託を調べていると、その多さに驚くことがはありませんか??…

  4. 投資の基礎知識

    区分ワンルームマンション投資の基本!収益物件への投資で知っておきたいこととは?

    不動産投資を勉強していると、区分マンション投資が初心者向けであるという…

  5. 投資の基礎知識

    すぐに分かる!投資信託の始め方と証券会社の選び方

    今の時代、空いてる時間を利用して簡単にネットで投資をすることができます…

  6. 投資の基礎知識

    これだけは知っておきたい!ミニ株投資の魅力とデメリット

    株式投資を検討している人にとって大きな壁となるのが、その購入金額ではな…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. ワラント債とは?債券の特徴から徹底解説します!
  2. 投資信託のデメリットとリスク!投資信託の基礎知識
  3. しっっておきたい収入保障保険の仕組みと税金について
  4. つまらない仕事を100倍楽しむ考え方
  5. 収入保障保険にもデメリット??保険選びの基本と税金
  1. ブログ

    今の時代、やるかやらないかで人生が決まる
  2. ブログ

    人生で成功するために:成功者の思考を身につける
  3. ブログ

    夢と目標はあった方が楽しい!
  4. 投資の基礎知識

    マンション・アパートの空室率は高い?投資用マンションの空室対策!
  5. ブログ

    人のために、見返り求めないで行動する
PAGE TOP