投資の基礎知識

知っておきたい!外貨預金のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や日本のメガバンクの定期預金金利は0.01%です。

100万円預けても、一年で100円しか利息がつきません。

そのため、日本の定期預金ではなく、より金利が高い米ドルや豪ドルで預金する外貨預金の人気が集まっています。

あなたも、この記事を読んだということは、少なくとも外貨預金に興味があるということでしょう。

そこで、今回は外貨預金についてまとめてみました。

外貨預金の基礎知識


まずは外貨預金の基本的な内容から押さえましょう。

外国の通貨で預金する

外貨預金というのは何かというと、米ドルや豪ドルなどの外国の通貨で預金をすることをいいます。

現在では様々な通貨の預金が可能で、ユーロやポンド、スイスフランなど、銀行によって多くの種類の通貨が取り扱われています。

金利が高い

一般的には、外国の通貨の方が円よりも金利が高い傾向にあり、これを狙って外貨預金をすることになります。

金利は市場原理によって決まりますが、その国の政策スタンスが反映され、高い金利の状態が保たれています。

外貨預金の仕組み

外貨預金の仕組みは、日本円で外貨を購入し、その外貨のまま銀行にお金を預けて、利息により利益を得ることです。

外貨預金はその仕組み上、外貨から円に交換する際に為替手数料がかかったり、為替レートの変動によって損したり得したりする場合があります。

 

外貨預金のメリット


それでは、外貨預金をするメリットについて見てみましょう。

金利が高い

外貨預金のメリットは、何と言っても日本よりも金利が高いことでしょう。

例えば、日本のメガバンクの定期預金金利は0.01%です。一方、米ドルの定期預金金利は0.2%〜1.00%ほどです。

最低でも20倍、最高100倍も金利が違うことになります。

日本円でお金を預けていてもスズメの涙ほどにしかならない中で、この差は圧倒的でしょう。

為替差益が得られる

外貨預金は、為替レートの変動により為替差益が得られる可能性もあります。

円高の時に外貨預金に預け入れ、円安の時に日本円に戻せれば、それで儲けることができます。

ただし、為替レートを予測するのは難しいですので、あまり期待しないほうがいいと思います。

インフレ対策になる

外貨預金をすることで、国内でインフレが起きた時のインフレ対策となります。

外貨預金を持っていると、仮に日本でインフレが起きると、円の価値が下がる一方で外貨の価値は高くなります。

よって、外貨預金を持っていることで、インフレ時のリスクを減らすことができます。

 

外貨預金のデメリット


続けて、外貨預金のデメリットを見てましょう。

為替手数料が高い

外貨預金の一番のデメリットは、為替手数料が高すぎることでしょう。

FXや外貨建てMMFといった他の外貨商品と比べて、一番手数料が高いです。

銀行が為替手数料や事務手数料を稼ぐための商品と考えても過言ではないでしょう。

もしも外貨預金をやるとしたら、手数料の安いネット銀行を選ぶようにしましょう。

為替差損が発生する

外貨預金では、為替レートの変動により為替差損が発生することもあります。

外貨預金引き出し時の為替レートが円高に振れていると、せっかく高金利で稼いだ利息が全てパーになることもあります。

外貨である限り為替レートとの戦いは宿命といえますので、しっかりと注意しましょう。

外貨預金はペイオフの対象外

ペイオフというのは、金融機関が破綻した場合、1000万円までの元本と利息が保証されるという制度です。

ペイオフは日本円のみで限定され、外貨預金は対象外です。

ですので、外貨預金を始める際には、破綻の可能性が低い金融機関を選ぶようにしましょう。

 

外貨預金とFXの違い


外貨預金というとよく引き合いに出されるのがFXです。

今回は外貨預金とFXを比較してみました。

そもそもFXとは??

FXというのは、外国為替証拠金取引と呼ばれるものです。

一定額の証拠金をFX業者に預け入れることで、外貨を売買することができる金融商品です。

FXは圧倒的に手数料が安い

FXと外貨預金と比べて圧倒的に手数料が安いです。

場合にもよりますが30倍ほど手数料が違うこともあるようです。

30倍も手数料が違うなら、外貨預金も考えものです。

FXは24時間取引できる

外貨預金は銀行の営業時間内のみ手続きできる一方、FXでは24時間リアルタイムに取引することができます。

為替レートが変動してもすぐに対応可能なのが、FXのいいところでしょう。

レバレッジが効かせられる

FXでは、自分の持っているお金の何倍ものお金を取引するレバレッジが使えます。

例えば、本来は100万円しか資金がなくても、レバレッジを100倍かけることで、1億円分の取引ができるようになるのです。

ただし、これは諸刃の剣で、100倍儲かる可能性もあれば、100倍損する可能性もあるのです。

 

まとめ


ここまで、外貨預金について見てきました。

外貨預金は世間ではかなり人気のようですが、
私的には全くお勧めできない商品です。

外貨預金をするぐらいなら、もっと手数料の安い外貨建MMFやFXを
する方が賢明といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 先物取引にはどんなメリットがある?リスクと仕組みを解説!
  2. 株で損したくない人必見!株の初心者が押さえておきたい株式投資のポイント
  3. 投資信託のポートフォリオが重要な理由。30代のポートフォリオとは
  4. 上手くいく!一人暮らしの部屋探しのコツ
  5. 一般媒介契約と専任媒介契約の違いは?知っておきたい取引形態

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ETFとはどんな投資?メリット・デメリット・選び方のコツを解説

    あなたは『ETF』を知っていますか?ETFとは市場に上場してい…

  2. 最新投資ニュース

    日本で注目の仮想通貨になるか?イーサベースのDentacoinとは

    最近、様々な仮想通貨が誕生しています。ビットコインのよ…

  3. 投資の基礎知識

    株を使って資産運用!投資するなら株式投資!

    「投資」と聞くと、株式投資を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?…

  4. 最新投資ニュース

    イーサリアムのハードフォークが完了 メトロポリスへの期待高まる

    イーサリアム(Ethereum)がハードフォークを実行10月16日…

  5. 投資の基礎知識

    FXのスイングトレードの必勝法とは?具体的な手法を解説

    FXのスイングトレードは、数日から数週間にわたってポジションを持つトレ…

  6. 投資の基礎知識

    投資信託の種類〜マイクロファイナンスファンドってなに??

    あなたは、マイクロファイナンスという言葉を聞いたことがありますか?…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは?
  2. 投資の基礎知識

    仮想通貨取引所の仕組みを理解しよう!どの取引所がおすすめ?
  3. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAはメリットばかりじゃない?4つのデメリットに注意!
  4. 投資の基礎知識

    エイダコイン(ADA)は今後何倍になる?エイダコインの基本と買い方とは
  5. 投資の基礎知識

    個人向け社債がお勧めできない本当の理由とは?投資時の注意点を解説
PAGE TOP