投資の基礎知識

NISAは投資信託の積立投資に最適!!NISAの基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく耳にするNISA(小額投資非課税制度)ですが、あなたはすでに口座を開設していますか??

NISA口座を開設している人も、これから開設する人も、実際どの投資商品に投資すればいいか非常に悩むと思います。

今回は巷でよく聞く、NISA口座を利用して投資信託を購入することについてメリット、デメリットを見ていきたいと思います。

そもそもNISAってどんな制度?


NISAでは投資に掛かる税金が非課税になる

NISAの特徴は、なんといっても「非課税」です。

NISAでは、購入した上場株式や投資信託等の配当金や売買益等の税金が、非課税、つまり「ゼロ円」になります。

通常の投資ですと、上場株式や投資信託等に掛かる税金はおよそ「20%」です。

20%掛かるはずの税金がゼロ円になるという時点で、いかにNISAの節税効果が大きいかお分かりいただけると思います。

非課税枠は年120万円で5年間有効

NISAでは、非課税枠が年間120万円与えられます。また、その年の非課税枠については5年後まで適用されます。

ここで注意いただきたいのが、非課税枠はあくまで一年あたり120万円ですので、2年でまとめて240万円分一気に投資できるわけではありません。

あくまで毎年単位で、年120万円の非課税枠が提供されるだけに過ぎないのです。

NISA口座は2023年まで開設できる

NISA口座は2023年で開設できなくなります。

もしもNISAの非課税枠を利用したい方は、2023年までしかNISA口座が開設できないことを念頭に入れましょう。

ちなみに、2023年にNISA口座が開設できなくなっても、非課税枠についてはそれから5年間有効ですので安心してください。

 

NISAで投資信託を購入するメリット


非課税枠ぴったりまで投資できる

NISAの非課税枠は年100万円までです。つまり、この非課税枠いっぱいまで投資をしないともったいないですよね?

例えば、もしも価格が60万円の株式を購入したとします。100万円の非課税枠を使って一株は購入することができます。

しかし、これだと非課税枠が「40万円」余ってしまい、この株式をもう一株購入しようにも、非課税枠が足りなくなってしまいますよね?

このように株式やETFなどの投資では、1万円などの歯切れのいい数字で投資することが難しいので、非課税枠いっぱいに投資することが難しくなります。

一方、投資信託の場合、1万円単位でも購入することが可能なため、100万円の非課税枠いっぱいまで購入することができます。

非課税枠を無駄なく使い切ることができるのです。

投資資産を組み替えることができる

NISAでは、一度購入した商品を売却しても、その年の非課税枠に「空き」が出るわけではありません。

例えばNISAで購入した商品の内、株式の割合を増やしたいときには、新たにNISAではなく通常の口座で株式を購入する必要があります。

一方、投資信託の場合には、その市場環境に応じてファンドマネージャーが組み入れ資産を入れ替えてくれます。

つまり、NISAで投資信託を購入することで、実質的に投資資産を組み替えることができるようになるのです。

 

NISAで投資信託を購入するデメリット


ここまでNISAで投資信託を購入するメリットについて見てきました。ここからはデメリットについても見ていきましょう!

節税効果が薄い

NISAで投資信託を購入すると、投資信託から得られた利益を節税することができるでしょう。

しかし、NISAは本来「どんなに莫大な利益をあげても、掛かる税金はゼロ円」というのが持ち味です。

ですので、大きな利益を得られる投資をした方が、節税効果は大きくなると考えられます。

例えば、NISAで購入した株式100万円が5年後に1,100万円の価値になったら、利益は1000万円出たことになりますので、本来掛かるはずの税金「200万円」をまるまる節税できることになります。

これが投資信託だったら、このような大きな利益を得るのは困難だと思われます。つまり、みすみす節税のメリットを小さくしているのです。

よって、NISAの本来の意味から考えると、NISAを使って「利益がもっとも出る投資」をすることが賢明といえます。

分配金のない投資信託ではNISAの意味がない

NISAでは、投資先から「利益」を得られたときに、初めて節税効果を受けることができます。

逆に言うと、分配金の出ない投資信託を保有している人や、直近で売却する予定のない人(長期的に投資している人)にとっては、NISAのメリットは全く無いといえます。

むしろ口座開設などの手間の分、デメリットになります。

また、一部の証券会社では、NISA口座を利用すると積立投資ができないところもあるようです。

自分の投資先とよく検討して、NISAを利用するのが賢明でしょう。

 

まとめ


ここまでNISAを使った投資信託についてメリット、デメリットを見てきました。

結論から言うと、毎月分配型投資信託を購入したい人や、株などのデイトレードで頻繁に利益を取りに行く人とっては、
NISAはおすすめだと思います。

一方、分配金の出ないインデックスファンドで長期投資をしたいと考えている人にとっては、NISAは全く意味がないと考えられます。むしろ口座を移し替えたりするので、デメリットしかないといえるかもしれません。

この記事で挙げたポイントを参考に、NISAを使って何に投資するかを考えていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. プラチナにも先物投資がある?プラチナ投資の基本と種類
  2. ありがとう。感謝の気持ちを持つ。
  3. 「敢えて」ポジティブになる方法
  4. フルローンとは?不動産投資ローンの基礎知識
  5. 積立NISAにはデメリットがない?メリット盛りだくさんの理由とは

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    転換社債の特徴とメリットのまとめ

    転換社債という言葉を、新聞やニュースでたまに見かけたりしませんでしょう…

  2. 最新投資ニュース

    個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用におすすめな商品の選び方

    (この記事は、過去に書かれた記事を2018年3月1日に加筆修正したもの…

  3. 投資の基礎知識

    投資信託の分配金とは ?知っておきたい投資信託のポイント

    投資信託を探していると、「毎月分配型投信」という言葉をよく目にすると思…

  4. 投資の基礎知識

    デジバイトのチャートを分析!その特徴と将来性とは?

    あなたは、仮想通貨デジバイト(Digibyte)をご存知でしょうか?…

  5. 投資の基礎知識

    ご存知ですか?サラリーマン大家が失敗する理由と不動産投資のリスク

    給料に変わる副収入として、不動産投資を検討される人も多いことでしょう。…

  6. 投資の基礎知識

    資産管理会社のメリットとは?不動産投資で成功する秘訣を解説

    あなたは資産管理会社というものをご存知でしょうか??資産管理会…

おすすめの記事

  1. ブログ

    会社がつまらない。不満ばかりの現状を改善するたった一つの方法
  2. 投資の基礎知識

    【保存版】ビットバンクの二段階認証の設定方法と口座開設方法
  3. 投資の基礎知識

    ビットバンクでリップルを購入すべき理由。手数料が無料!
  4. 投資の基礎知識

    ブロックチェーンとは?超簡単に仕組みとマイニング方法を解説!
  5. 投資の基礎知識

    Zaif(ザイフ)の登録方法は超簡単!口座開設方法まとめ
PAGE TOP