投資の基礎知識

信用取引の仕組みが分かりません!株の信用取引の基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株といったら「空売り」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか??

空売りという響きはかっこいいですが、実際はすごく危険そうな気がしますよね。

今回は、そんな空売りを含む「信用取引」について解説していきたいと思います。

信用取引の基礎知識


まずは、信用取引の基本について押さえましょう!

株を借りてきたり貸したりする

信用取引とは、自分の信用を利用して自己資金以上の株式を取引することを言います。

具体的には、証券会社から資金を借りて株式を購入したり、株式を借りてきて売却したりします。

どちらの場合も、自己資金以上の株式の取引をしていますよね。

担保を差し出す

信用取引は「借金」にあたりますので、担保が必要になります。

信用取引の場合には、現金だけでなく、保有する株式も担保として利用することができます。

レバレッジが利く

信用取引では、少ない自己資金でより多くの株式取引をすることができます。

このように、より少ないものでより多くを手に入れることをレバレッジ(てこの原理)といいます。

本来100円しか利益が出ないはずのものが、10倍のレバレッジをかければ1000円の利益になるのです。

 

信用取引にかかるコスト


信用取引を始めるにあたって、それに掛かる費用もしっかりと押さえましょう。

最低保証金

最低保証金とは、信用取引をする際に、あらかじめ口座に入れておかなければならないお金です。

ネット証券では30~50万円程度の最低保証金が必要なようです。

大手証券になると、さらに最低保証金は増えます。

委託保証金

委託保証金とは、信用取引を行う際に担保として差し入れるお金のことです。

委託保証金は、信用取引をする金額に「委託保証金率」というあらかじめ決められた比率をかけることで算出されます。

この委託保証金率は証券取引所が決めるものになります。

ちなみに、委託保証金は現金以外にも保有する株式や投資信託でも代用できます。

その他

その他にも、株式を借りてきた場合には「貸株料」、株を買うための資金を借りた場合には「信用金利」といった費用が掛かります。

お金や株式を借りるので、相応の対価が必要ということです。

 

空売りとは


それでは、信用取引の醍醐味、「空売り」について解説していきます。

株を借りてきて売却する

空売りとは、株価が下落することで利益を得る投資手法です。

まず空売りを始めるにあたって、将来株価が値下がりすると思われる株を借りてきます。

次に、その株を市場で売却し、その代金を受け取ります。

株価が下がった時点で買い戻す

借りてきた株を売却して代金を得たら、次は株価が下落するまで待ちます。

そして、予想通り株価が下落したら、借りてきた株の分だけ株を買い戻します。

株を借りてきた時よりも株価が下落した分、より少ない金額で「同じ株数」を購入できます。

最初に株を売った金額から、株を買い戻すのに掛かった金額を引いた残りが、そのままあなたの利益になります。

これが、空売りにおける利益のあげ方です。

 

信用取引のまとめ


以上、信用取引と、その代表例の空売りについて簡単に説明してきました。

信用取引は、非常にリスクが高いので、しっかりと知識をつけてから始めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ボロ築古物件には要注意!不動産投資で失敗しないためのポイント
  2. 経済的自立=行動の結果
  3. 人生を変えると意識する。
  4. これで失敗しない!投資信託の選び方のポイント
  5. トランクルームとは??トランクルーム投資の基本〜不労所得の作り方〜

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ETNとは?ETNとETFの違いを徹底解説します!

    ETFと似たような金融商品に「ETN」があります。おそらく、ETNとい…

  2. 投資の基礎知識

    管理会社とは?不動産投資における管理会社の役割

    不動産投資において、物件を購入した次に出てくる問題が、物件の管理運営で…

  3. 投資の基礎知識

    投資信託にかかる分配金と税金とは?

    投資信託を調べていると、毎月分配型投資信託など色々な投資信託が目に付く…

  4. 投資の基礎知識

    資産管理会社を設立するメリットとデメリットとは

    不動産投資をすでに始めている人の中には、節税目的で不動産管理会社の設立…

  5. 投資の基礎知識

    投資信託の利益確定と損切り手法を解説!最適な解約タイミングとは?

    投資信託のメリットは、何と言っても投資のプロに運用を任せられることです…

  6. 投資の基礎知識

    個人向け国債のメリットとデメリット!国債とは

    おそらく多くの人が「個人向け国債」という言葉を聞いたことがあるでしょう…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. 初心を忘れないでいることは大切です!
  2. ビットコインの価格が高騰 – 仮想通貨の相場と今後の予想。
  3. 自分のことが嫌いなあなたへ。自己否定を克服して夢を叶えません…
  4. 実は儲かる!貸株サービスの魅力とデメリット
  5. ETFの仕組みを徹底解説!ETFのメリットとは?
  1. 投資の基礎知識

    築古物件は儲かるの?中古物件には要注意!
  2. 投資の基礎知識

    投資信託の手数料は安いほうがいい!信託報酬の基本
  3. 投資の基礎知識

    個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットと商品の選び方とは
  4. 投資の基礎知識

    NISAは投資信託の積立投資に最適!!NISAの基本
  5. ブログ

    「時間がない」ときは、時間を区切って考えてみる
PAGE TOP