投資の基礎知識

NISAにもデメリットがある!?知っておきたいNISAの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2年ほど前でしょうか、NISAという言葉が色々なニュースで取り上げられました。

投資に掛かる税金が「非課税」になるということで、急いでNISAの口座を開設した人も多いのではないでしょうか?

こちらでは、NISAの基本的な内容と注意点をまとめてみました。

早速見ていきましょう!

NISAの基礎知識


NISAという言葉の由来

そもそもNISAという制度は、イギリスの「ISA」(アイサ)と呼ばれる小額投資非課税制度を参考に作られました。

そして、「ISA」に日本の「N」をつけたものが「NISA」の名前の由来です。

ちなみに読み方は「ニーサ」です。

株式や投資信託に掛かる税金が非課税になる

NISAの特徴は、なんといっても「非課税」です。

具体的には、NISA用の口座で購入した上場株式や投資信託等の配当金や売買益等の税金が、非課税=0円になります。

通常ですと、上場株式や投資信託等に掛かる税金はおよそ20%です。

それが0円になるのですから、いかに節税効果が高いかお分かりいただけると思います。

非課税枠は年間120万円、期間は5年間

NISAでは、非課税枠が年間120万円あります。

毎年というのは、1月1日~12月31日の期間のことで、期間は買付けした日ではなく、投資商品が受け渡された日でカウントされます。

また、ある年の非課税枠については、5年後の12月末まで適用されます。

つまり、毎年120万円まで投資ができ、その年の分は5年間、税金が掛からないということです。

NISA口座は2023年まで作れる

NISAを利用するためのNISA口座については、永久に継続できるわけではなく、2023年で開設できなくなります。

つまり、現在は2016年ですので、2016年から2023年の8年間だけNISA口座を通じた投資ができるということです。

もしもNISAの非課税枠を利用したい方は、2023年まで、NISA口座で投資を行うことができます。

 

NISAのメリットとデメリット


<メリット>およそ20%の税金が掛からない

NISAのメリットは、何といっても税金がかからないことです。

例えば、あなたが120万円の株式を買ったとします。

1年後、その株式が2倍の240万円に値上がりしたので、あなたはそれを売ったとします。

この場合、この一連の株式投資による利益は、240万円-120万円=120万円となります。

もしも通常通り税金が掛かるとすると、120万円×20%=24万円の税金が掛かることになります。

一方、NISAを利用した場合、この税金を「0円」に抑えることができます。

つまり、本来24万円掛かるはずだった税金を、0円にすることができるのです。

投資において税金は大きな費用となりますから、NISAは非常に有効な制度と考えられます。

<デメリット>その年の非課税枠は5年しか利用できない

ある年にNISAを利用して投資を行ったとすると、その投資が非課税になるのは、投資をした年を含めて5年間だけになります。

例えば、2016年に120万円の株式を買ったとします。

この株式の非課税適用は、2020年の12月末まで5年間適用されます。それ以降については、非課税枠の対象から外れてしまい、通常通り20%ほどの税金が掛かります。

もしも、非課税枠をさらに延長したい場合には、新たにNISA口座に 2016年に投資した株式を移す必要があります。

ただし、この時も注意が必要です。

もしも、2016年に買った120万円の株式が「150万円」に値上がりしていると、差額の30万円はNISAに引き継ぐことができません。
なぜなら、NISAが適用されるのは、年間「120万円」までの投資だからです。

このように、NISAで5年以上長期で投資をする場合、5年に一回 NISA間で口座の中身を変えないといけないのです。

 

NISAの注意点


損失が出たときに対応できない

NISAでは、「利益」が出た際には非課税になることがう謳われています。

しかし、「損失」が出た場合には、逃げ道がありません。

通常、投資で損失を出した場合、その損失を取っておいて、翌年以降の利益と相殺することができます(損失の繰越控除)。

NISAの場合、それができません。

また、NISA口座で損失が出た場合、その損失を他の投資口座の利益と相殺するすることができません(損益通算)。

投資では利益と損失が発生することは避けようがありません。

そんな中、損失から立ち直る道を奪うことになるNISAには、注意が必要です。

ついつい何も考えずNISA口座を開設する

NISAは、様々な証券会社が積極的に宣伝をしていますので、ついつい何も考えず、証券会社でNISA口座を開設してしまいがちです。

ですが、NISA口座を開設しても、その証券会社の手数料が同業他社と比べて高かったら、せっかくのNISAのメリットも少なくなってしまいします。

ですので、宣伝の派手さなどにとらわれることなく、売買手数料等をしっかりと比較したうえでNISA口座を開設するようにしましょう。

 

NISAのまとめ


ここまでNISAについて解説してきました。

NISAを利用すれば、税金を非課税にすることができます。

ただし、その非課税枠は5年しか続きませんし、損失が起きた場合の対応手段も全く利用できません。

そういう意味で、NISAでの投資に向いている商品は、損失の可能性が低く、毎年分配金が出される公社債投資信託等が適切な投資先かもしれません。

いずれにしろ、しっかりとNISAについて理解を深めてから、NISA口座を開設するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 株で儲けた人になろう!株初心者のための儲かる銘柄の選び方
  2. 今が旬!民泊ビジネスのメリットと問題点とは?
  3. 高利回りな優良物件を見つける方法とは?不動産投資の基礎
  4. 投資初心者が株で注意する点は?儲かる銘柄の選び方
  5. 不動産投資信託(REIT)が抱えるリスクとは

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    個人向け国債とは?メリットとデメリットの解説

    安全性が高く、金利も高めな投資先として「個人向け国債」が人気のようです…

  2. 投資の基礎知識

    サラリーマンの株式投資!株式投資の始め方

    株式投資に興味があっても、今一歩前に踏み出せない人が多いのではないでし…

  3. 投資の基礎知識

    クラウドファンディングの購入型とは?メリット・デメリットも徹底解説!

    最近、クラウドファンディングが注目されています。クラウドファン…

  4. 投資の基礎知識

    収入保障保険にもデメリット??保険選びの基本と税金

    収入保障保険や終身保険など、世の中には多くの保険があり、正直どれを選べ…

  5. 投資の基礎知識

    新規公開株(IPO)で確実に儲ける方法

    あなたは「新規公開株」をご存知でしょうか?新規公開株は「儲かる…

  6. 投資の基礎知識

    最近人気の競売物件とは??競売物件に潜むリスクを知ろう

    最近、不動産投資をする中で「競売物件」というものが人気があるようです。…

最新の記事

最近の記事

  1. 大家さんとは?知っておきたい不動産投資のリスクのまとめ
  2. 人を笑顔にすると幸せになれる!
  3. 「働く」ということは「常識」ではない
  1. 投資の基礎知識

    なぜ個人向け社債はお勧めできないのか?投資時の注意点とは
  2. 投資の基礎知識

    【bitFlyer】ビットフライヤーへの登録方法と二段階認証の設定方法
  3. 投資の基礎知識

    仮想通貨はチャート分析がおすすめ!億り人になるための全知識とは
  4. 投資の基礎知識

    bitFlyerに入金が反映されない時の対処法!入金方法・手数料の解説
  5. 投資の基礎知識

    投資信託の解約タイミングは超重要!損切りと利益確定で資産倍増を!
PAGE TOP